JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4973
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ネットの誹謗中傷と慰謝料

ユーザー評価:

ネットの誹謗中傷と慰謝料

プロバイダ情報開示請求について

 

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

詳しい状況が書かれておりませんので

一般的なご説明をさせていただきます。

 とりあえず、ご相談者様が、ネット上で誹謗中傷を受けている被害者と仮定致します。

ネット上での誹謗中傷を受けている場合

その書き込み等を削除するだけで良いのか

それとも、相手を特定して、名誉棄損罪等による損害賠償請求をしたいのかで

することは変わってきますし、費用や労力も大きく違ってきます。

1、削除のみで良い場合(いわゆる「あぼーん」)

 一般的には、サイト側に削除依頼をしただけでは、管理者の手間や人的な問題もあり

簡単に応じないこともありますが

 裁判所の仮処分の申し立てがあれば、あっさり削除されます。

裁判所の手続きなので弁護士の先生にご依頼されるのが良いでしょう。

時間や手間を惜しまないのであれば、ご自分でもできると思います。

2、相手の特定

 多分、ご相談者様は、こちらをお考えかと思いますが、かなり手間です。

まず、その書き込みをされた掲示板等のサイトの管理者にIPアドレスの

開示請求の訴訟をします。ここは割とあっさり出ます。

 次にIPアドレスからプロバイダーを割出、プロバイダーに

相手の個人情報の開示を求めます。

ここは、プロバイダーもユーザーを売ったと思われたくないので

かなり渋る感じになります。

 その場合でも、警察で、名誉棄損罪や業務妨害罪等の犯罪性がありと

認定されていれば、開示がされることが多いようです。

とは言え、ここまで半年ぐらいはかかります。

当然、訴訟ですから弁護士の先生の報酬額が膨大にかかります。

 相手の個人情報が開示されれば

損害賠償請求等していくことになります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変わかりやすいご回答、有難うございました。


ネット掲示板における、軽度の誹謗中傷~最悪誹謗中傷まで、裁判になった場合の慰謝料はいくら位が妥当なのでしょうか?


過去の判例から教えて頂ければ幸いです。


質問者: 返答済み 5 年 前.

大変わかりやすいご回答、有難うございました。


ネット掲示板における、軽度の誹謗中傷~最悪誹謗中傷まで、裁判になった場合の慰謝料はいくら位が妥当なのでしょうか?


過去の判例から教えて頂ければ幸いです。


ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

難しいご質問です。

ネットでの誹謗中傷は、誹謗中傷された方の意識に関係があるので

第三者から、大したことが無くても本人とっては非常にセンシティブな問題も

ある訳です。

誹謗中傷の内容によって、名誉棄損罪や営業妨害罪もあるでしょう。

また、個人情報保護法違反であれば、漏れた内容による損害における

損害賠償もあり得ます。

 単に、名誉棄損罪の場合は、判例では100万円ぐらいから始まっています。

ただ、それは、相手が雑誌社とかで、被害者が芸能人などの場合が多く

一般の方が、名誉棄損罪で訴えることがあまりないからです。

それと、実損があれば損害賠償額は計算できますが

慰謝料となると、相場が無いのが現実で

被害者が思う額を請求して相手が応じればいくらでも良い訳です。

そこで、折り合いがつかないので、民事調停等になるのです。

ご相談者様が思う額を、まずは請求してみて下さい。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問