JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4627
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

和歌山県在住です。 家の横(2~30m)で公共工事(砂防堰堤)が始まります。 私は夜勤なので昼間休みます。補償交

質問者の質問

和歌山県在住です。
家の横(2~30m)で公共工事(砂防堰堤)が始まります。
私は夜勤なので昼間休みます。補償交渉の際、その件について交渉(例えば引越しや仮住まいの補償など)しましたが、住居を工事で取り壊すわけではないので補償対象外と言われました。

工期は3年間の予定です。この間、何の補償もなしに我慢しなければならないのでしょうか?
法的見地からのご意見を賜れば幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りの状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、公共工事によって、騒音や振動などの事業損失が起こる危険性が

あると言うことですね。

 住居を壊す訳ではないから、補償をしないと言うのは古い考え方で

最近では、公共工事であれ、偶然的にその地域に住んでいたために

補償もされずに受任しないといけないと言うのはおかしいと言う考えもあります。

 ご相談者様の特別なご事情もあるかもしれませんが

考えてみれば、専業主婦や小さなお子様や高齢者の方なども、家での昼間の生活もある訳ですから

騒音や振動は大いに問題であると言えます。

 厳密には、工事が始まって、騒音や振動のレベルを計測してみないと

分かりませんが、場合によっては補償しないといけないケースもあるはずです。

 こういう時代ですから、自然災害や気象異常が起きて、今年も大変な被害があります。

砂防堰堤がとても大事なことは、ご相談者様もご理解はされているはずです。

だからと言って、受忍限度を超えた騒音や振動の場合に、公共工事だから

我慢せよとは言えないと思います。

 どの程度の騒音や振動の影響があるのか、具体的に業者や自治体にご確認していくことが大切です。

また、前述しました通り、困る方は、ご相談者様だけではないはずです。

住民の方々とご協力して対応すべきです。

人数が集まるようなら、取りまとめをしてくれる責任者として

弁護士の先生などの専門家にご依頼されると良いでしょう。

実際には、公共工事が始まってからの影響がどうかが大切になります。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問