JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

3年前から不倫をしています。1年間は彼が別居しマンションをかりていました。その後、ほかの数々の女性関係のことが発覚し

質問者の質問

3年前から不倫をしています。1年間は彼が別居しマンションをかりていました。その後、ほかの数々の女性関係のことが発覚し、それをきに、彼はわたしと別れて奥さん子供のいる家庭に戻ってしまい ましたが、その女性関係のせいで私はうつ病、チック症、自律神経失調症になってしまい、精神科に通っています。自殺未遂もしました。   奥さんにメールを送って彼の悪事を話したこともあります。奥さんはこれ以上すると私を訴えると言っています。奥さんも、うつ病で精神科に通っています。 彼は、完全に私と別れて自由に遊びたがっています。完全に奥さんの見方になっています。   私は、仕事も休みがちでチックも酷く こんな病気にした彼を訴えたいのですが.


奥さんにすべて言うなどと騒いでいた時期もあり、録音されていた可能性もあります。同じような内容のメールも保存してあるようです。


 精神科には、嫌々ながら付いてきてくれています。(自殺未遂で救急隊員がきて私の家族にばれた為)しかたなく病院に連れて行ってるような感じです。初めは、海外旅行やプレゼント、マンションを借りたりとお金をたくさん使っていたが、最近はお金のない話ばかりか私にも食事代などを払わせることも多く、彼は、会社経営者で家庭もとてもお金のない生活にはみえません。私も自営業です。仕事は半分ぐらいしかでられません。とにかくチック症が酷く。。。それなのに悪びれたところもなく、反省しているふりをしては、飲みに行き女の子の連絡先を聞いて楽しそうにしていたり、気に入った子を会社でやとったりと

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

さて、私は法律の専門家ですから、法律的観点から回答いたします。質問者様の状況や考えからいって困難なものもあるかと存じますが、あくまでも当職からの一つのご提案であると思っていただければと存じます。

>こんな病気にした彼を訴えたいのですが

訴訟となれば、考えなければならない選択肢はまず2つです。

1 自分で訴訟をする。(本人訴訟)

2 弁護士に依頼する

2の場合は、弁護士を探して依頼すれば、専門的な指示をくれ、代理で訴訟をしてくれますから、比較的、話は簡単です。

ただ、ネックは、弁護士費用です。

弁護士の先生も、専門家として働いている以上、

着手金や報酬を請求することは当然です。

特に着手金は、敗訴しても支払わなければなりません。

着手金は経済的利益の10%くらいと考えると、極端な話、慰謝料200万で20万です。(極端な話ですが。)

これに対して1の場合は、ご自分で訴訟をするわけですから、弁護士費用がかかりません。

ただ、裁判所の期日への出頭は、平日になりますから、仕事を休む必要が出てきます。

なにより、法律的アドバイスを受けれませんから、なかなか大変と思います。

訴訟は、「証拠」勝負ですから、ご相談者様の主張する「事実」を証明できる「証拠」を収集することになります。

彼の行為が原因で病気になり、精神的苦痛をうけた、という事実を証明できる証拠です。

しかし、それはまた過去を思い出させるような辛い作業だと思いますし、時間と費用がかかります。

うつ病、チック症、自律神経失調症といった精神の病は、治療に時間もお金もかかります。そのことから考えると、なかなか、訴訟に打って出ることは、お勧めはできないような気がいたします。

仮に訴訟をするとなれば、ご相談者様のいうところの「彼の悪事」の証拠があるかどうかがポイントでしょう。

ご相談者様の望む回答ではないでしょうが、再考の一助にしていただきたいと思います。

(他の意見を聞きたい場合は、回答権を放棄して、ほかの先生の意見もきけるようにいたしますので、お社ってください。)

質問者: 返答済み 5 年 前.

どうしても、訴えたいのですが、泊っていたホテルや友人の証言では証拠にならないのですか

質問者: 返答済み 5 年 前.

どうしても、訴えたいのですが、泊っていたホテルや友人の証言では証拠にならないのですか

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

もちろん、なります。

 

実際の訴訟では、「陳述書」を作成して、裁判所に提出することになると思われます。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

追伸

 

ただ、第三者に頼んでうその証言をしてもらうことも可能であることからもわかうように、証拠としては弱いものになります。

 

やはり、写真などの物的証拠が必要と思われます。

法律 についての関連する質問