JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めて相談します。 4年くらい前に形成クリニックで目の上のたるみをとってもらったのですが・・・ 片方だけ傷跡がす

質問者の質問

初めて相談します。
4年くらい前に形成クリニックで目の上のたるみをとってもらったのですが・・・
片方だけ傷跡がすごく目立ち眉毛も半分なくなってしまった状態です。
術後すぐ見せにいきましたが、なんとなくはぐらかされ、美容外科・・・ということもあり
表沙汰にするのも恥ずかしい気がして、4年もたってしまったん ですが・・・
やはり人によく「どうしたの?」と尋ねられるので気になり傷跡の修正を考えているのですが
4年も経っていることが問題ではないのか、どうかということが気になっています。
不法行為は3年なにも意思表示しなければ時効と聞いたことがあるのですが・・・
この場合、一度見せにいってることで意思表示とみなされるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
はじめまして、弁護士です。

確かに時効は気になる案件です。
そこでおうかがいしたいのですが、
「片方だけ傷跡がすごく目立ち眉毛も半分なくなってしまった状態」
であることがわかったのはいつの時点でしょうか。
手術直後は、傷があるのは当然なので、ある程度の期間をおいてからだと思うのですが。

補足をお願いいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

眉毛がなくなったと気がついたのは、手術後すぐです。


縫いあとのラインが眉毛の中をとおっている感じであったので、傷が治っても眉毛はなくなっているだろうな。


という予測はつきました。


傷跡に関しては3か月くらい経ってから傷の赤身が


とれてきて目立つのがわかってきました。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

その場合には、確かに不法行為といて時効にかかっています。
実際に裁判を提起しなければ、時効は中断しないのです。

ただ、医療ミスで訴える場合には、必ずしも不法行為とするわけではなく、
債務不履行という法的構成で訴えることも可能です。
つまり、治療を適切にする契約を病院側が守らなかったということです。
この構成をとれば、時効は10年ですから、まだ大丈夫です。

示談をご希望とのことですから、請求額は難しく考える必要はありません。
示談は裁判官の判断を仰がないためです。
まずは、支払った治療費、あとは慰謝料ですね。
慰謝料の額は実際の眉、傷の状態にもよります。ですから、実際に見てみないことには回答はしにくいのですが100万円程度は請求してもいいのではないかと思います。

スムーズな進め方ですが、おすすめなのは弁護士をはさむことです。
病院側が本気になります。
「払わないと訴訟です。病院が訴訟しているとなると、大変なんじゃないですか?」といった風に思わせれば、病院側に強く働きかけることができます。
現実に、示談金を決めるにあたっても誰かに直接見てもらって額を決める必要があるといえるでしょう。
jo-banをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

すいません、行き違いで・・・


大変参考になりました。ありがとうございます。


ちなみに弁護士さんに支払う料金などをかんがえると


もし100万円請求しても差引お金が残らないような


結果になるのでは・・・と不安です。


あと、弁護士さんの選びかたなのですが・・・


医療を専門にされてるかたをみつけたほうが


よいでしょうか?


またみつけかたにアドバイスがあれば教えていただきたいです。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
通常業務によりお返事が遅れました。
申し訳ありません。

弁護士費用は、請求額の何%というように決めますので、
差し引いて残らないことはありません。
まずは、相談だけという形で見積もってもらうといいでしょう。
何%とするかは、弁護士によって異なります。

本件の弁護士探しは難しいですね。
医療関係を専門にしている先生がいいでしょう。
特定の事務所はサイトのルールで紹介できませんので、
ご容赦ください。

法律 についての関連する質問