JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

みなし株主について質問です。 株主本人が本当に自分で出資したことを証明する必要はありますか? それとも会社口

解決済みの質問:

みなし株主について質問です。

株主本人が本当に自分で出資したことを証明する必要はありますか?
それとも会社口座出資者名義での振り込みさえ載っていれば問題ありませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
もう少し詳しい事情をお書きいただかないことには、適切な回答をすることが極めて困難です。
例えば誰にたいして株主であることを主張したいと考えているのでしょうか?
できる限りお知りになりたいこと、困っていることを細かく記載してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


今の会社の代表者に対して私の保有する株式についての権利です。


出資はおそらく会社の資金から出して、名義を息子4人でそれぞれ25%ずつにしました。父親が代表者になっています。近いうちに会社を独立することになりましたが、25%の株式を買い取ってもらうつもりですが、私自身が資金を出していませんが、株主として買取請求の権利を行使できますか?


 

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
名義だけを貸していたもしくは使われていただけで実際に出資はしておらず、そのことは会社代表者も知っているのですね。
でしたら法律的には株主としての権利は何も行使できませんので、買い取ってもらうこともできません。

名義貸しではなく、出資金の贈与を受けてそれをあなたが出資したのだと主張できれば可能性はありますが、そういう事情ではないですよね。
質問者: 返答済み 5 年 前.


出資金の贈与うけて出資したと主張する為に、何か必要なもの、あるいは出張の方法などありますか?

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
合併等の会社にとって重要な方針に反対する少数株主に認められる限定的なものを除いて、株主には会社に株を買い取らせる権利というのは元々無いので、あなたが会社に株を買い取るよう求めた場合にそれを拒否されても、正面から争うことはできません。

買い取らせるために自分が株主であると主張する方法としては、あなたが第三者の買主を見つけて会社に譲渡の承諾を求め、拒否された場合に裁判で争うということが考えられます。
上場会社などの一部の会社を除き、株式を第三者に譲渡するには会社の承諾が必要となるからです。

裁判で争いになれば、会社としては相手からは名義貸しでありあなたは無権利者であるからそもそも譲渡することもできないという主張・証明がされるでしょうし、あなたからは自分が出資した、おおもとの資金の出所は会社・父であっても、自分が贈与を受けて出資したのだと主張していくことになります。
贈与について有力な証拠となるのは、贈与契約書など贈与を受けたことが客観的にわかる書類や、贈与を受けた翌年に贈与税の申告をしていた場合の申告書控えなどですね。そういった物証がなければ、第三者の証言や当時の状況から贈与があったと裁判官に認めてもらえなければ勝つことはできないでしょう。

ただし上記のような主張をするのは実際に出資金の贈与を受けて株主になった場合の話ですので、単なる名義貸しであればもともと無権利であることはご理解ください。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問