JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私事、XXXXと申すものでございます。念書の書き方についてWebで調べていたところ、法律相談を見つけましたので

解決済みの質問:

私事、XXXXと申すものでございます。 念書の書き方についてWebで調べていたところ、法律相談を見つけましたのでご相談にのって頂ければと思い質問メールをさせて頂きました。 実は私の妹が次ぎのとおり悩んでおります。 ・H24.6/20に夫から暴力を振るわれ入院中です。 ・その場で警察が駆けつけ、今は保護監察の状況です。(警察から本人に連絡あり) ・診断は頭部裂傷、腰椎打撲・座礁、頚椎捻挫、尾てい骨骨折等で手足のしびれ、頭痛等で  す。 ・以前から飲酒で暴力が何回もあり離婚を考えていましたが、その晩も離婚の話をすると突然 の暴力でした(腕をねじ上げられ、身動きできない状態で突き飛ばされた模様) ・夫の父親から息子の「うつ病」が一生治らないことから離婚を勧めてほしい手紙が2年前く らいにあり、妹には連絡しておりました。  その時は父親が、癌治療で寿命が長くなく遺言のような形でした。(手紙は保有)  しかし妹は元看護婦のため父親のお世話を最後までやり遂げ、しばらくして離婚を切り出し 今回の事件に繋がりました ・今回の相談は2つ(傷害金請求、離婚請求)あります。 ・傷害請求について夫は「うつ病」があり収入は少なく支払い能力がありません。以前の手紙 で息子を引き取りたいとのことで したので、私(XXXX)が直接夫の母親に電話し、入院 中であることと、病状について話しました。 ・その時治療費を請求することの同意と夫と会わせない(暴力の可能性があり)旨の同意を得 られました。  また治療も長引き、職業につくまでは責任を取ってください。離婚については慰謝料の請求 をする旨を伝えました。(金額の提示なし) ・今回は治療費請求と生活保障について「念書」を交わそうと考え、下記のとおり作成しまし た。                    念 書  私こと( 母親の氏名を記入          ) 長男、○○ ○ (住所を記入)が 長男の嫁、△△  △△(同上 現住所 )に対して6月20日に起こした 傷害事実を認め、以下の事実を書面をもって支払いの約束を致します。 ・医療費 ・慰謝料(生活保障 等) 平成   年   月   日       住所       氏名                     印 -------------------------------------------------------------------                       ・医療費については入院、治療、その他入院・治療に必要な費用(交通・生活用品等) ・今は夫の保険証で入院中です。 ・慰謝料については精神的・肉体的ダメージ、看護婦等に復帰するまでの生活保障費等を考え ています。金額を記入すべきでしょうか?また妥当な金額はどのように算定すればよろしい でしょうか? ・次に離婚ですが、母親に息子を説得するするよう依頼しましたが、息子はその気が薄いよう に思われます。 ・今回の傷害事件(今は刑事事件にするつもりはありません)をきっかけに離婚を進めようと 思っています。 ・離婚の慰謝料については夫が支払い能力がないことから母親に請求が可能でしょうか?生前 の父親からの離婚依頼の手紙があり可能と考えていますが?。 ・その時の妥当な金額はどのように算定すればよろしいでしょうか?地元の弁護士に相談した ほうがよろしいでしょうか? 以上、雑ぱくな内容で回答が難しいとは思いますが、判る範囲でのご回答をよろしくお願いします。 また、ご不明な点については質問を送って頂ければ早急に連絡致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは、弁護士です。

まず、念書ですが、6月20日の前に平成何年かも明示してください。極端なことを言えば、時効と言われかねません。
また、以下回答しますが、金額は明示した方がいいです。

>金額を記入すべきでしょうか?

するべきです。
請求の内容が特定されていないと、法律上の請求として有効ではありません。


>妥当な金額はどのように算定すればよろしい でしょうか?

実額がわかる部分については実額で計算してください。治療費などは判明しているはずです。
また、妥当な金額を最初から考える必要はありません。多めに請求してみて、払えなかったら減額するというようにしていけばいいのです。
暴力の程度がわかりかねるので、具体的な額はお答えしようがありませんが、深く考えずに多めをの請求からスタートしてください。
最終的に100万もらいたいのであれば、200万を請求してみるといった具合です。
一般的には、暴力ですと50万~100万といったケースが多いです。

>離婚の慰謝料については夫が支払い能力がないことから母親に請求が可能でしょうか?

請求できません。
離婚の責任は、夫婦間の問題であって、両親が慰謝料の支払義務を負うことはありません。
両親に請求したいのであれば、慰謝料支払義務の連帯保証人にさせなければなりません。
金額については上と同様です。
結婚歴や浮気の有無、暴力の程度などすべての事情を把握しないとお答えできません。額は、弁護士と直接面談して決めることが適切です。


>地元の弁護士に相談した ほうがよろしいでしょうか?

地元かどうかはさておき、相談された方がいいでしょう。
訴訟で請求するのか、調停にするのか、請求金額はどうするのかなどといった細かい相談は直接会った方がはかどります。
その場合には、本人が面談することが必要です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問