JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

貸し菜園を経営して4年ほどになります。その菜園と境界を接していた畑に今度分譲住宅の開発が行われようとしています。もし住宅が出来たらいままでの

質問者の質問

貸し菜園を経営して4年ほどになります。その菜園と境界を接していた畑に今度分譲住宅の開発が行われようとしています。
もし住宅が出来たらいままでの風景とは一変してしまうためとても困惑しています。

私の貸し菜園ふれあいの郷は西に金峰山、東に阿蘇山、南に九州連山が見えとても風光明媚な所にあります。
ところがそのふれあいの郷と境界を接する東隣に分譲住宅の造成工事が1週間ほど前から始まっています。
ここは以前は畑だったところですが持ち主が変わったためこのようになりました。

私としては菜園の東一面が約1mほどL型ブロックで地面が高くなり、しかもその上に住宅が建つとなるといままでの風景とは一変してしまうためとても困惑しています。 町の役場に確認しましたが法的には問題が無くすべて認可されています。

また、そのL型ブロックには水抜き用の穴があってそれがこちらの菜園に流れるようになっていることも問題です。

私の菜園に来てくれる会員さん達は必ずしもそこでの生産・収穫だけではなく、いこいとか癒しを求めて畑に通っていると思ってます。そ の意味で風景・景観はとても重要な要素となっており、実際に『ここに来ると広々としてとても気持ちがいい。』といってくれた会員さんも大勢います。

相手の開発業者にはその辺の事情は説明したのですが、法的には問題が無くやっている。ただもし損害が発生したならその分は補償するといってくれています。

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは、弁護士です。

大自然に囲まれた菜園はとても貴重ですから、今回の住宅建築は残念ですね。

さて、ご質問についてですが、確かに、ご相談された司法書士の方が言うように、建築確認が有効になされた建物の建築を差し止めることは容易ではありません。
もっとも、法律上は全く問題がないとしても、隣地の所有者の権利を侵害するといえるような場合には、建築の差し止めが認められることもありますし、損害賠償の請求を行うこともできます。
実際に眺望権や日照権といった所有者の権利が法律上保護に値すると認められるケースは多くはありませんが、ゼロではありません。
また、交渉により、建物の高さを多少低くしたり、質問者様の土地から少し建設位置をずらすといったことが認められることも、十分可能性としてはあるかと思います。
なぜなら、質問者様の場合、かなり長期にわたり、自然を享受できていたこと、菜園という性質上日光が十分にあたることが必要不可欠であること、また、水抜きの穴から多量の水が流れ出た場合には、栽培に影響があると思われることから、比較的保護の必要性は高いといえるからです。
建設業者側としても、隣地所有者との紛争は、建築をスムーズに行うにあたっては障害となるため、交渉に応じるメリットはそれなりにあります。

具体的に交渉を行う方法としては、現在のように裁判外で行うことも可能ではありますが、裁判所において、裁判官の仲介のもと交渉を行った方が、相手方業者が応じる余地は高いかと思います。
もし裁判所での交渉を希望されるのであれば、建築差し止めの仮処分の申し立てを所有地の最寄りの裁判所に申し立てる必要があります。
ご自身で行うことができないわけではありませんが、弁護士に委任された方が安心です。
なお、この仮処分の申し立てにおいて、実際に建築の差止めまで認められるケースは現実的にはあまりありませんが、裁判官は、隣地所有者の実情を汲んで、建築業者に、隣地所有者への影響の少ない方法での建築ができないか働きかけてくれますし、その場で損害賠償に関する交渉も行える点でメリットは大きいです。

法律 についての関連する質問