JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

質問お願いします。現在、自分名義で夫婦連帯債務の住宅ローンがあります。負担割合は6対4です。家の所有権も同様の割合に

解決済みの質問:

質問お願いします。現在、自分名義で夫婦連帯債務の住宅ローンがあります。負担割合は6対4です。家の所有権も同様の割合に設定されています。離婚に伴い、夫が家を所有し、住宅ローンを引き受ける方向で話が進んでいます。一般的な手続きについて教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご指名ありがとうございます。「不動産の分与方法」には,たとえば、以下のような方法があります。

 

一応、一般的な方法を、すべてあげておきます。夫名義であることを前提にしています。

1.不動産の名義と債務者が夫のまま、夫が住み続ける
夫が離婚後も住み続けて金融機関へのローンを支払い、

妻には負担をさせない方法です。


2. 名義と債務者は夫のまま妻に清算割合を金銭で分与する
 たとえば、不動産(土地・建物)の購入価格が3,000万円で、 名義人と債務者(ローンの返済者)が夫で、 評価時点までのローンの支払額が2,000万円であった場合、 2,000万円の内の何%かを寄与分として妻が受け取ります。妻が受け取る金額については、当事者間で決定します。

3.不動産の名義と金融機関の債務者を妻にする

不動産の名義と金融機関の債務者を完全に妻に移転する方法。 妻の収入などを金融機関が審査して、債務者が変更できるかどうかがポイントになります。

4.不動産の名義と債務者を夫のままにした、妻が住み続けるという パターン

不動産の名義と金融機関への債務者は夫のままで、毎月のローン分を妻が家賃として夫に支払い、妻や子どもが住み続ける方法です。

5.不動産の名義と債務者を夫のままで妻が住み続ける

不動産の名義、金融機関の債務者を夫のままで、妻や子が住み続ける方法です。

6.売却して、清算する

たとえば、不動産を3,000万円で購入して、評価時点までのローンを支払った額が2,000万円であった場合は、ローンの残債務は1,000万円です。 不動産の売却額が1,200万円であったら、売却額から残債務を引いた 200万円を分与する方法です。

ご相談者様の場合、3 に近いでしょうか。建物の持ち分を夫に移転し、ローンの債務者を完全に夫とする、ということです。

となれば、要するに、銀行が、ローンの債務者を完全に夫とすることに同意してくれるかどうか、交渉する、ということになりますが、夫の資産や支払い能力があるならば、問題ないように思います。

当初の負担割合が6対4という微妙な数字なのは、なにか理由があるのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
負担割合については、当時の収入に合わせて設定されています。夫が転職後1年未満だったのでローンが組めなかったのと、 私の方が収入が多かったからです。ローンの手続き直前に夫の多重債務が発覚しましたが、そのときに完済しました。今回、離婚話を一方的に切り出されました。夫の実家が近いことと、親への支払いはしているものの土地が夫の親名義であることから、1の方法を諦め、3を希望しています。ローン会社の審査は通ったようですが、保障会社の審査に離婚調停中ということで引っかかっているという報告を受けました。名義の変更は解決後になるが、まずは引き落とし口座の変更をと書類を渡されました。離婚の希望を伝えられてからもいろいろあったので夫のことは信用できません。親権・財産分与などの問題があるので、離婚には同意しましたが調停を希望しました。調停が始まる前に手続きを進めてもいいものなのか、専門家のアドバイスをいただきたいと思います。
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

>調停が始まる前に手続きを進めてもいいものなのか

いろいろ意見があるかも知れませんが。調停がまとまってから、手続きに入るのがよろしいかと思います。

 

調停がまとまれば、調停調書が作成されます。

 

調停調書とは離婚調停や養育費調停などの家事調停はもちろん、不倫慰謝料請求調停などの民事調停で、当事者が合意した場合に作成される合意文書のことです。

 

この調停調書のいいところですが、判決や公正証書と同じで、調停調書に記載されている金銭的な取り決めを守らなかった場合には、強制執行手続きを取ることができる、「債務名義」という特別な書類だということです。

 

当事者が調停で合意した場合には、調停調書の原案が作成され、それを見せてもらえ、OKすれば作成してくれます。

 

協議離婚であれば、私たち行政書士に頼んで離婚協議書などを作成し、公正証書化してもらえば問題はないのですが、素人だけでこういう文書を作成するのは怪しいものがあります。

 

ですが、調停調書は、自動的に裁判所が文書を作成してくれるので作成する手間もありませんし、安心です。

 

とはいえ、調停が不成立になった場合は、もちろん調停調書は作成されません。

 

そのような可能性もありますし、また、手続きを急ぐ必要もないと思います。

 

>離婚の希望を伝えられてからもいろいろあったので夫のことは信用できません

 

というのであれば、なおさら、調停がまとまり、調停調書が作成されてから、手続きに入るのがよろしいかと思います。

 

一助にされてください。なにかありましたら、またご相談ください。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

納得いただけたら、「承認」をお願いします。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

追加質問も受け付けますので、よろしくお願い申し上げます.

 

法律 についての関連する質問