JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

6月末に会社役員を退任し、7月から同じ業界で自分の会社を立ち上げました。前の会社とは非常勤顧問契約を結び、毎月40万

解決済みの質問:

6月末に会社役員を退任し、7月から同じ業界で自分の会社を立ち上げました。前の会 社とは非常勤顧問契約を結び、毎月40万円もらうことになっていますが競業避止条項が入っています。私の最近の営業活動がこの
競業避止条項違反にあたると指摘されたので、では顧問料要らないので契約破棄してくれと言ったところ、私の営業力を心配して契約破棄は嫌だと言っています。破棄できませんか? そもそもこの顧問契約は税金対策で
結んだものであり、ほかのOBは競業避止条項なしで同じ顧問料をもらっています。そのこと自体不当ではありませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
契約破棄は可能です。
相手が辞めたいと言っているのに、強制的に顧問にしておくことはできません。

ただ、その顧問契約の中に、途中解約の際に違約金を払う条項ですとか、途中解約をする際は○か月前に予告するなどの条項がある場合には、ご注意ください。

逆に質問者様にとっては、しっかり辞めてからでないと競業避止義務に違反してしまいますから、営業活動をされたいのであれば顧問を辞める必要があります。

他のOBとの契約の差異ですが、あいにく各当事者が自由意思で締結している以上、不当とはいえません。例えば会社でも、採用年度によって条件が違っても不当とはならないのと同じことです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問