JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

初めまして広瀬と申します。 個人情報の漏えいについてですが 1.誤って第三者に、氏名、住所、生年月日をメールで送

解決済みの質問:

初めまして広瀬と申します。
個人情報の漏えいについてですが
1.誤って第三者に、氏名、住所、生年月日をメールで送ってしまった場合
2.運転免許証のコピーを紛失してしまった場合
上記2つのケースについてそれぞれ悪用されることはあるのでしょうか?
また、悪用されてしまった時の対策や被害を未然に防ぐ方法などあれば教えていただきたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 5 年 前.

広瀬様、はじめまして。大阪で弁護士をしている者です。

 

たしかに、このようなケース不安になりますよね。

けれど、基本的に、やみ金などでお金を借りられてしまったり、通販で知らぬ間に注文されていても、それは法的にあなたに請求できるものではないという意味では、悪用はされませんので、心配はいりません。

 

説明しますね。

 

まず、1つ目のケースですが、

氏名・住所・生年月日があれば、やみ金でならあなたになりすまして契約することも、通販であなたになりすまして注文することも、もちろん可能です。

 

 

しかし、やみ金にせよ、通販の会社にせよ、あなたに、お金の請求をしなくてはなりませんよね。

そして、その請求は、あなたが契約していない以上に、法的にあなたに請求できるものではおよそないのです。

 

もし、その請求が、裁判所の訴状、もしくは裁判所書記官の支払督促でない限りは、絶対に、無視をしてください。

(ただ、ややこしいことを申し上げますと、通販でもしあなたの住所に商品が送りつけられてきた場合ですと、身に覚えがないと主張して商品をすぐに送り返しておくべきですが。送り返す場合には、かならず何を送り返したのかいつ送り返したのか記録に残る方法で送り返して下さい。写真をとっておくだけでも十分です。)

裁判所の訴状や裁判所の書記官の支払督促は、無視をしてしまうと、あなたの不利益となりますが、それ以外は、法的には向こうの請求を一切無視して大丈夫です。といいますか、無視すべきです。

 

もし、裁判所の訴状、裁判所書記官の支払督促であれば、

一緒にあなたの言い分を書くようにと書面が同封されているはずですので、

その書面にあなたの言い分(つまりまったく身におぼえがないこと)を書き、提出さえすれば、欠席判決をされませんので、大丈夫です。

 

なお、今後、自分の主張(つまり悪用されたんだという主張ですね)が認められるが、不安でたまらないということであれば、家計簿のようなもので、今回どのように個人情報がもれてしまったか(つまりここで説明してくださった内容ですね)の経緯、さらにご自分のお金の流れと買い物の履歴(もちろん未払い分も含め)を今後証拠に残しておくようにするとよいです。

万が一の話ですが、裁判になったときに、あなたを弁護する強い証拠になります。

 

裁判所から来たのかどうかわからない、そんなの恐ろしいじゃないかと思われるかもしれませんが、裁判所が訴状等を送るときには、裁判所の封筒で、裁判所の連絡先を書いて、書面を送ってきますし、郵便受けに勝手に放り込まれていることは絶対にありませんので、すぐにわかります。

郵便受けに放り込まれているもの、もしくは電話で裁判所からいきなり連絡がくることは、絶対にありません、怪しいと思えば、その書面にかかれている電話番号に連絡するのではなく、たとえば、大阪地方裁判所とかかれているのであれば、大阪地方裁判所の電話番号を電話案内で調べて、電話をかけて問い合わせをしてみてください。

 

2つ目のケースですが、これも、住所氏名生年月日がわかっていますので、1つ目のケースと同じと考えて下さい。

コピーとはいえ、免許証を紛失しているのだから、もっと大変なことになるのではと思われるかもしれませんが、あくまでコピーですので、そんなことはありません。

 

一つの目のケースも2つ目のケースも、あなたの個人情報自体は漏れてしまっていますので、たとえば、免許証を偽造して、あなたになりすまして(悪用する人物が自分の写真をくっつけて)、ということはありえますが、その場合も、上と同じように、法的にはあなたに請求できるものではないので、あなたが無視すればいいので、問題ありません。

 

ざっくりまとめますと、

基本的にそれほど不安になることはないかと思いますが、

予防策をとりたいということでしたら、記録を残すということをおすすめ致します。

 

以上ですが、イメージわきましたでしょうか。

ご不明な点ございましたら、ご遠慮なくご質問ください。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問