JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

こんばんは。 初めてメール致します。 「法律 無料相談 メール」でインターネット検索したところ、こちらのサイトを発見したのですが、こちらでのご質問にご回答いただくことは無料なの

質問者の質問

こんばんは。
初めてメール致します。
「法律 無料相談 メール」でインターネット検索したところ、こちらのサイトを発見したのですが、こちらでのご質問にご回答いただくことは無料なのでしょうか?
無料でない場合はご回答前にお知らせください。
実は、下記のような労働法に関する質問を持っております。
【質問】
いわゆる「男女雇用均等法」には、
(性別を理由とする差別の禁止)
(職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置)
という項目が含まれています。
この保護の対象としては、同性愛者等、LGBTの人々も含まれていると考えてよろしいのでしょうか?
また同性愛者であることで、職場で不利益な待遇や、その他不利益を被った場合、どのような対応をすべきで、どのような法的な措置があり得るのでしょうか?
法律には疎いものですから、教えていただけると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきましたが、あいにく、こちらは無料ではありません。

 

是非、他の無料相談のサイトをあたってみてください。

 

ただ、こちらには社会保険労務士の先生もいらっしゃいますし、規約に目を通したうえで、料金の額に納得がいくようであれば、使用してもいいかもしれませんが。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
すみません。質問を書いた時点での確認不足でした。
その後、質問投稿のステップを踏む段階で、料金がかかる件、了解しました。既にデポジットを6000円振り込んでおります。
ですので、回答をいただけますよう、お願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
はじめまして、弁護士です。
本サイトのルールを守ってご利用ください。


>この保護の対象としては、同性愛者等、LGBTの人々も含まれていると考えてよろしいのでしょうか?

含まれているとはいえません。
男女雇用機会均等法は、あくまで性別に着目した法律(妊娠と仕事の関係、男女間の賃金の差など)であって、同性愛者かどうかはポイントではありません。

しかし、だからといって同性愛者への差別が許されているわけではありません。
そもそも、男女雇用機会均等法を持ち出すまでもなく、同性愛者を差別することは、
憲法などの法規によって禁止されています。


>同性愛者であることで、職場で不利益な待遇や、その他不利益を被った場合、どのような対応をすべきで、どのような法的な措置があり得るのでしょうか?

前述のとおり、同性愛者であることを理由に不利益な待遇等をすることは禁止されています。
そういったことをされた場合は、された処分によって対応が異なります。

例えば、解雇されてしまったのであれば、解雇無効を主張します。
とにかく、されてしまった不利益な処分は、差別に基づくものであって無効であると主張することが可能です。減給や降格をされても、それが無効と主張することになるのです。

さらに、同性愛者であることを理由とする差別は精神を傷つけるものですから、慰謝料の請求も可能であるといえるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。
補足として教えていただきたいのですが、「憲法などの法規で禁止されている」という点につきまして、具体的に憲法の条文番号および参考とすべき法規を教えていただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
憲法第14条第1項は、平等権を規定しています。
同性愛者であることを理由に差別することは同条に反します。
憲法は本来、国家と私人の関係を規定するものですが、会社と社員の関係においても民法上の不法行為(民法第709条)になる際には考慮されます。
法律を勉強する者にとっても難しい話ですが、
要するに、平等権(憲法第14条第1項)に違反すると、民法上の不法行為(民法第709条)になるとお考えいただければ間違いありません。

労働基準法第3条にも、労働条件で差別してはならないという規定があります。同性愛者であることを理由とする差別も、本条で禁止されています。


回答が参考になったら、プラス評価をすることになっておりますので、よろしくお願いします。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問