JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4624
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はじめまして、現在離婚協議中です。財産分与についてご相談します。現在父の名義の土地に家を建てました。離婚するにおいて

解決済みの質問:

はじめまして、現在離婚協議中です。財産分与についてご相談します。現在父の名義の土地に家を建てました。離婚するにおいて、妻は父名義の土地も借地権割合50%として、財産分与の対象に含めると行政書士の書面で通知してきました 。土地はこれまで借地権付き住宅にしたこともなく、父の土地に建てさせてもらった状態です。固定資産税も父が支払っています。財産は夫婦が作ってきたものと解釈しておりましたが、そういう父名義の土地に建てた場合、父の土地まで分与するという事例があるのでしょうか?よろしくお願いいたします。また今後どのような対応を進めていけばいいのでしょうか?


それから不動産の評価についてお尋ねします。現在固定資産評価は593万円、①不動産は建物評価730万・②不動産は800万と評価してきました。建物契約価格は2800万で築12年です。その際実父から援助を1300万程もらいました。


これは建物の評価です。


現在ローン残高は352万円です。財産分与はどうなりますか?


 

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、財産分与に関しては、名義がどちらであれ、婚姻中に形成された財産は

財産分与の対象になり、いずれかが本人の特別な資質におけるお仕事をされている場合

(芸能人やスポーツ選手等)以外は、折半が原則です。

 ただし、その場合でも、婚姻前の財産や相続財産は、固有の財産として

財産分与の対象から除かれます。

 お話から、土地は、もともとお父様の固有の財産ですから分与の対象とは言えません。

それでも、何とか、無理にでもご相談者様の財産を奪おうと言う魂胆でしょう。

離婚と言うものは、どちらか一方が得をするものではありません。

性格の不一致が理由であれば、慰謝料も無いので

何とか得をしてやろうと、つまらない考えになっているのでしょう。

そもそも、「借地権割合」をどういう意味で使っているかですが

借地権割合とは、借地権の評価額を出す時に使う言葉です。

相続の時に相続税の問題で出てきます。

多分、奥様側は、借地権と言うものを2つに分けると言う意味でしょうが

その場合、お父様に対して有償の借地権契約がされているかどうかです。

毎月、賃料を支払っていると言うのでしょうか。

 そうではなく、お父様のご好意から無償で借りているのだと思います。

それは、借地権(賃貸借)ではなく「使用貸借」で、分与の対象とはならないでしょうし

お父様に、奥様に貸した意思はないでしょう。

 賃借権の部分は、専門家もあまりいないので

そこで争うのであれば、家庭裁判所の離婚調停を利用された方が良いでしょう。

調停の費用は数千円ですし、弁護士の先生にご依頼する必要もありません。

 それと建物の方ですが、建物自体の資産価値は築12年だとほとんどありません。

現在、売ったらいくらになるかの計算です。

 普通は、土地が他人名義なら買う人もいません。それこそ正に賃借権が

ないと難しいですね。

 もし、売却した場合、お父様の援助は、お父様固有の財産で

返還義務がありますから、売却益からそれを差し引いての折半となります。

 また、不動産の分与の方法論はいろいろあり

ご相談者様の名義のまま、奥様に使用貸借で住ませるか

家賃を市価より安くして住ませるなどいろいろあります。

 そう言う意味では、余計な財産の請求に応じなくても良いように

家庭裁判所の調停を申立てると主張された方が、相手も譲歩してくると

思います。

 また、養育費などもせこく主張してきそうですから

調停になれば、算定表があり、きちんとした適正な額になります。

 奥様が、譲歩してくるのであれば、協議離婚で離婚協議書を公正証書で作成すれば

離婚後のトラブルの防止になります。

応じなければ、やはり離婚調停の方が良いと思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。安心しました。少し補足をお願いしてもいいでしょうか?今回不動産価値を出す場合、先に質問した中に現在わかる範囲の数値を書きました。今回この数値から建物評価(資産価値)はどのように考え、算出すればいいのでしょう?確かに私から見ても父の土地ですし、売買することも出来かねるもので、資産価値はないくらいだと思ってはいますが、相手からすると具体的にそれを示さないと納得しないと思います。取得価格、援助、残ったローンをどう計算するのが通常なのでしょう?すみません。教えてください。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、相続税の算定ではありませんので

実際に、売却したらどうなるかで考えます。

また、本来、借地権もついてなく、単なる建物だけですから

かなり評価は低いでしょう。

 一般的には、実勢価格(売れる値段)で考えますから

複数の不動産屋に算定してもらうことで決めます。

 財産分与の場合も、取得価格は相続と同じで一切考えません。

あれは、不動産屋が儲けるための価格です。

 最終的に売却できる価格(実勢価格)で考えます。

前述した通り、複数の不動産屋で確認するだけでも良いですが

より正確にとなると、不動産鑑定士の先生にご依頼することになりますが

普通でも鑑定料が70万円以上はかかるのでどうかとも思います。

 実際に売れたとして、ローン分よりも多ければ、売却益で折半

オーバーローンであれば。ローン分を折半で支払うことになりますが

普通はそう言うことはしないことが多いですね。

前のご回答で書いた通りの対応が多いですね。

 とにかく、ふざけた要求であれば、調停で対応した方が良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問