JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

僕は中国人ですが、日本に商品を輸出しましたが、商品代金がもらえない、日本で先方を訴えることが出来ますか

解決済みの質問:

僕は中国人ですが、日本に商品を輸出しましたが、商品代金がもらえない、日本で先方を訴えることが出来ますか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
可能です。

まず、質問者様は民事訴訟法第33条によって訴訟能力があります。

そして、民事訴訟法第5条1号や5号などによって、日本での裁判が認められます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
日本で先方を訴えるステップを教えてください
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
法律事務所に依頼すれば、すべて行ってくれます。
関係書類をもって法律事務所に依頼してください。

ご自分でされるのでしたら、
その契約に関する証拠をすべて準備してから、訴状を書いてください。
訴状には、
契約の成立、代金支払期日が経過したことを書きます。
訴状の作り方は、ここでは書ききれません。
http://www.courts.go.jp/sendai/saiban/tetuzuki/sozyosakuseityui/index.html
(裁判所のサイトです。)
などを見て、調べながらやるしかないでしょう。

裁判所には、郵送で訴状を送っても大丈夫です。

訴状さえ作成して、裁判所に持って行けば、他に必要な印紙や切手については教えてくれると思います。

とにかく、訴状と証拠さえ何とかすれば、訴訟提起は可能です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問