JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんにちは。 現在、離婚話が進んでいますが、財産や慰謝料等、お金に関する事が分かりません。 離婚原因は、夫のアル

質問者の質問

こんにちは。
現在、離婚話が進んでいますが、財産や慰謝料等、お金に関する事が分かりません。
離婚原因は、夫のアルコール依存症とジャンブル依存症で銀行に借金を作り、私が返済したのがこの1月で、その後も、何度かギャンブルをやっているのが発覚し、今後を考えると恐ろしくなりました。そして、夫は、この1年ほど仕事をしておらず、無収入で、生活費も入れていません。無一文です。
これらが原因で喧嘩となり、夫の方は、私に色々と言われるが苦痛だと、夫から離婚話を始めましたし、夫の実家も離婚に賛成です。
私は仕事をしており、私名義の預金があります。アパートは、2人の名前になっており、夫が、半分か、せめて3分の1の金額を欲しいと言っていますが、これ以上、夫にお金を払いたくないのが、正直な意見です。理由としては、夫の事業の為に7年ほど前に、5000万円ほどを出しましたが、数年後に会社を閉鎖し、そのお金が全て水の泡になりました。さらに、アパートのキッチンやバ スルームの工事代(300から400万円程度)は、私が払いました。28年間の結婚生活費は、割り勘でした。
夫婦の旅行費は、ほとんどが私持ちでした。

下記質問内容
1)この離婚によって、私サイドは、弁護士費用の他に、夫に何を払わなければならないのか?
2)アパートは、私が頭金を出し、夫がローンを組んで支払いが12年前に終わっていますが、夫の事業に出したお金と差し引き、私がアパートをこのまま保持する事は可能か? (私がお金を払う事を極力無しにしたいが、払う場合には、アパート価値の何%となるのか?)
3)私名義の銀行口座預金は、夫に取られる事も無く、保持可能か?
4)慰謝料は、どうなるのか? (夫は、無一文なので、夫から慰謝料を貰うのは、無理と思うが、夫の実家とかが払う義務があるのか?)
5)離婚届の前に、私の財産を保護しておく方が良いですか?又、それらに対して、何か書類がありますか?

以上、宜しくお願いします。

私のアドレスは、XXXXX@XXXXXX.XXXです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 離婚理由が、ご主人様のギャンブル癖によるもので

ご相談者様には、何ら裁判上の有責性(DVや不貞行為等)が無いように見受けられますので

ご相談者様が、離婚をしたくないと言うのであれば、基本的には調停になっても

離婚は難しい案件です。

 むしろ、ご相談者様が、ご主人様のギャンブル癖や仕事をしていないなどの理由で

離婚を要求できる立場であると思いますし、慰謝料も請求可能でしょう。

 それでは、わかる範囲でご質問にご回答致します。

1)離婚は、まず、ご自分たちだけで、離婚条件を決めて離婚する「協議離婚」があります。

協議離婚には弁護士の先生等にご依頼する必要はありません。

ただ、離婚協議書を公正証書で作成しないと離婚後にトラブルになるので

民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

公正証書作成費用はどちらが出すと決まったものではありません。

 もし、ご自分たちの話し合いで出来ない場合に、家庭裁判所の離婚調停となります。

この場合も、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

 それでもだめな時に裁判離婚となり、一般的に弁護士の先生にご依頼する形です。

その場合は、ご相談者様が離婚に応じない時に、ご主人様が裁判を起こせば

裁判費用を要求される場合もございます。

2)不動産の財産分与は、いろいろな方法論があり

例えば、ご相談者様が、出された頭金が、婚姻以前に貯めたものや

相続をされた財産とかであれば、固有の財産ですから返金請求が可能です。

また、ローンは済んでいますので、この不動産を売ったらどうなるかで

考え、その売却益から頭金を引いたものを、折半することになります。

 ただ、今回は、離婚の要求をご主人様が一方的にしたり

離婚原因もギャンブルにあるようですから、慰謝料としてそのままご相談者様がすべて譲渡されると

言う手もございます。

 今回の不動産は慰謝料と結びつけた方がスムーズに進でしょう。

3)婚姻してからの預貯金は、名義がどちらであれ、ご夫妻の共有財産となります。

そこから引けるのは、婚姻前の固有の財産か相続財産に限られます。

基本は、折半となりますが、3分の1で良いのであれば、損はないかもしれません。

調停になると折半の指導がされます。

4)ご主人様は、成人の男性ですから、建前上は、ご主人様の借金等を

親御様が肩代わりすることはありません。

親御様が、自主的に申し出るのは問題ありません。

ご主人様もいずれは働かないと生活はできませんから

慰謝料等あれば、分割で請求することも可能です。

5)調停前の仮の処分を申立てることができますが

基本的には、裁判所の職権で判断することになります。

 調停になるとフラットな感じに判断されますので

なるべくは、協議で決められる方が良いでしょう。

まずは、離婚条件を、ご主人様に内容証明等で提示することです。

応じれば、離婚協議書を公正証書で作成して

応じなければ、家庭裁判所の調停を申立てることになります。

内容証明等は、前述の専門家にお願いされると良いですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問