JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

はじめまして。いきなりなのですが17歳で結婚していて合意の上で身体の関係をもったのですが、それが旦那さんに見つかり

解決済みの質問:

はじめまして。いきなりなのですが17歳で結婚していて合意の上で身体の関係をもったのですが、それが旦那さんに見つかり 、強姦されたと警察に言われました、淫行にもなはのですか?告訴を取り下げるなら、示談しようと言われています。更には民事裁判もすると言われています。示談金を払うなら告訴も民事裁判もしないと言われたのですが、気が変わったなどと言われ民事裁判をされる可能性どのがあるのですが、どのような対処をすれば民事裁判もできなくなるのですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

>淫行にもなはのですか?

この部分も質問でしょうか?

 

>どのような対処をすれば民事裁判もできなくなるのですか?

示談書を作成することが良いでしょう。

示談書は加害者と被害者の双方が様々なとりきめを定めて、それを相互に遵守することが前提となります。
形式的には示談書を2通作成し、加害者と被害者の双方で1通づつを保管します。
つまり、加害者も被害者も両方共に守秘義務を負い、問題を複雑にしないことを主目的にしています。

さらに、慰謝料を支払った後は、両者の間に一切の権利義務がないことを確認しておきましょう。

民事訴訟は、権利の存否について、裁判所が判断するものですので、示談書は、証拠となります。

弁護士か行政書士に依頼するとよいでしょう。

 

実際に弁護士にご相談又はご依頼されたいということでしたら、下記相談窓口にご連絡されてみることをお勧めいたします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

 

 

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

納得いただけたら、「承認」をお願いします。

追加質問も受け付けますので、よろしくお願い申し上げます。

補充回答も、「承認」後に行いますので、遠慮なくおしゃってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。この場合は、淫行になるのですか?
一切の権利義務とは何ですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。この場合は、淫行になるのですか?
一切の権利義務とは何ですか?
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

恐れ入りますが、追加質問・補充質問にはちゃんと回答いたしますので、マイナス評価をしないで、そのまま追加質問されていただけると幸いです。マイナス評価は、反映され、専門家への評価として公開されていますので・・。

 

この回答の評価で、回復させていただけると幸いです。

 

名な最高裁判所の基準によれば、
(1)青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成
   熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為
(2)青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱って
   いるとしか認められないような性交又は性交類似行為
が淫行とされます。

淫行という言葉の通常の意味からすれば、広く性行為一般を指すようにも思え
ますが、それでは処罰範囲があまりにも拡大してしまうので、このように限定
的に解釈されたのです。

 

先日、32歳の既婚男性が17歳の少女と性交渉をしたことが「淫行の罪」に問われていた事件で、名古屋簡易裁判所は、無罪判決を言い渡しました。

この事件では、男性と少女の間に恋愛感情があったことを理由に、「単に自己の性的欲望を満たすだけの目的」で性交渉に及んだとは言い切れない、と判示されました。

 

上記(1)(2)に該当するような事情がなければ、淫行ではない、ということになります。

 

>一切の権利義務とは何ですか?

この場合は、相手方からご相談者様に対する慰謝料請求権、を指すことになります。

 

示談金を支払うことで、告訴もしない、慰謝料請求権も放棄する、ということを約束してもらい、それを示談書という形で証拠に残しておく、ということになります。

 

行政書士でも文書作成は担当できますので、お近くの行政書士に依頼するといでしょう。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問