JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

名誉毀損に関する相談です。 東京中央区の某住宅供給公社に在住の私の母は、健康のため毎日隅田川で野鳥に餌やりをしてい

解決済みの質問:

名誉毀損に関する相談です。
東京中央区の某住宅供給公社に在住の私の母は、健康のため毎日隅田川で野鳥に餌やりをしています。
先日公社の委任を受けた法律事務所より以下の警告書が届きました。

「前略...以前から貴殿は、同住宅周辺で鳥類への餌付けを継続しているため、居住者や近隣住民から多くの苦情が寄せられ、また、鳥類の糞による建物の汚損、美観・衛生面への悪影響が生じていることから、公社としては、貴殿に対し、再三再四、鳥類への餌付けをしないよう要請をしてまいりました。...中略(改善の余地がない・近隣の受忍限度を越えている・円満な共同生活が出来ないなどの規約話)...貴 殿にも言い分がありましょうが、近隣に対する迷惑の現状及び過去の経緯からすると、理由の如何を問わず、もはや即座に餌付け行為を中止して頂くほかありません。以下省略...」

この通知を受けた母は即座に餌付けを中止しましたが、そもそも母が原因で建物の汚損、美観・衛生面への悪影響が生じていたのか根拠(証拠)が示されていないので私は納得がいきません。また反論を拒否する威圧的な文言にも疑問を感じます。なお「再三再四、要請」とありますが母は記憶にないと言っています。
①餌やりを止めても環境が改善されなかった場合、名誉毀損として訴えることは出来るのでしょうか。
②訴訟相手は公社になるのでしょうが、公社や委任された法律事務所はクレーム処理をしているだけでしょうからそこは避け、クレーム主に訴えるようなことは可能なのでしょうか。(まあ前者も事実を確認したのかと責任を追及したいところですが、私も関連性を確認していないので強くは言えない)

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
警告書を送られたことで、お母様が原因で建物の汚損、美観・衛生面への悪影響が生じていると言われているように感じてご納得のいかないお気持ちになることも無理はないと思います。
ただし実際にそのような事実関係が証明できるのであれば警告書どころではすみませんので、冷静になってこのまま中止するのが穏当です。

①名誉毀損という犯罪になるためには不特定または多数の者が認識し得る状態で名誉が害されることが必要ですので、警告書を送られたことはこれにあたりませんし、民事で損害賠償を請求しても認められる可能性はないです。
②相手方は公社・法律事務所いずれとすることも可能ですが、クレームを入れた相手に何かを伝えることは無理でしょう。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問