JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

いきなりで申し訳ありません。二女夫婦と二人に関わる弁護士の件です。二女夫婦が家を新築する際、同居を申し入れられました

質問者の質問

いきなりで申し訳ありません。二女夫婦と二人に関わる弁護士の件です。二女夫婦が家を新築する際、同居を申し入れられました。いくらかの資金を出してくれとのことで、100万円ばかり出して同居することになりました。 二女も働いていたので、二部登記なら二女の為、私の部屋分だけでも、と思いました。同居は穏やかなものではありませんでした。その後、あまりの理不尽に、二女に不満を言ったところ、それから 「出て行ってくれ」が始まり、婿両親や私の末弟を呼んでいて、一方的に話し合いということになっていました。これを断り、非暴力DVで警察に相談、市の相談室に方法を相談に行き、威嚇を避けようとしたところ、そっちがそうするなら、こっちは弁護士に頼んで出て 行ってもらうとのこと。で、岡町の中上弁護士から配達証明で封書が届きましたが、開封せず、そのまま事務所に返しに行きました。後日弁護士から、電話連絡があり、DV相談や、市の相談に行っていることを言ったところ、そんなことは裁判所で言うようにと威嚇するように言われ、面倒なことになったと思 い、弁護士事務所に出向きました。その日は穏やかに説明を聞いていましたが、後日また呼び出され、今度は、うって変わって、めんどくさそうな態度で、そのうち、そんなだから娘に嫌われるんだ、これだけ嫌われて当たり前だ、娘がかわいいなら出て行ってやろうと思わないのか、どこの弁護士に聞いてもみんな同じ意見だ、5人でもいいから弁護士に聞きに行け、自分の娘の為にたったの30分さえ割くのが惜しいのか、とか。 家庭内DVで警察に相談に行ってることも考慮されず、嫌がらせしても出ていかないなら何をしても出て行かせる、それに加担する弁護士にどう対処したらいいでしょうか。また、すべて娘対親の問題にしてしまった娘婿に怒りを感じます。現在娘は精神的な病気のようで(病名もいつからかも、どう協力できるかも言いません)仕事を休んでいるのか、やめているのかさえ知りませんが、結婚前の律義な性格はどこにもなく、憎しみだけ、攻撃のみ、そんな様子で、声をかけることもできません。 家は出 るつもりで準備して、最初に出した100万円と、捨ててくるように言われ、捨ててきた家財道具(大したものはありませんが)、電気製品等最低限必要な物のお金を出してもらおうと、長女を通して連絡をとったら、言った、言わないの問題が出るし、長女が親側につくなら、こちらは、あの弁護士に立ち会ってもらうとのこと。弁護士事務所で会って以来、ストレスで、皮膚、粘膜に精神はもちろんのこと、二度と顔さえ見たくない相手ですので断ったところ、強硬手段に出る、というようなことを長女に連絡してきました。長女はあくまで中立で、味方になってくれたり、中に入ってくれることもありません。家庭をもっているので、もめ事に巻き込まれたくないのもあると思います。 このような場合その弁護士に対し、どのようにか対処する方法はないのでしょうか。長文でわかりにくい文章、申し訳ありませんが、方法を教えて下さい。緊迫しています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、問題は弁護士の先生の対応と言うよりも

その弁護士の先生にご依頼した、次女様ご夫妻の考え方に問題があると言えます。

弁護士の先生は、単に次女様ご夫妻にご依頼を受けているに過ぎず

態度が悪いからと、確かにマナー違反はあるかもしれませんが

犯罪ではありません。弁護士の先生に関わるよりも

きちんと次女様ご夫妻と向き合うことです。

 弁護士の先生にクレームを言うことだけが目的であれば

都道府県の弁護士会に電話でご相談することです。

とは言え、あまり意味が無いものかもしれません。

 それよりも、実際に100万円は資金提供していて、贈与した訳でもないのであれば

返還請求すべきかもしれません。

 まずは、内容証明で、返還請求をしてみて応じなければ

民事調停や支払督促を利用することです。

 ご自分でも、できますが、相手が弁護士の先生を前面に押し出しているので

ご相談者様も、弁護士の先生にご依頼された方がスムーズに行くと思います。

 それが解決したら、遺言で財産についてどうするか考えるべきです。

そのような仕打ちをする次女様には相続させないと言う対応もあるでしょう。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問