JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

別居中で離婚予定の嫁が自分の通帳と印鑑を勝手に持ち出し90万円引き出していました。取り返すことは可能でしょうか?

解決済みの質問:

別居中で離婚予定の嫁が自分の通帳と印鑑を勝手に持ち出し90万円引き出していました。取り返すことは可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 5 年 前.

はじめまして、大阪で弁護士をしている者です。

 

はぎれの悪い回答になってしまうのですが、一部取り戻すことが可能ではないかというレベルです。

 

なぜこのようなことになってしまうかと言いますと、

離婚予定とはいえ、結婚しているあなたのお嫁さんですので、婚姻中に形成された財産は、プラスもマイナスもすべて二分しなければならないのです。

つまり、たとえ、名義があなたの貯金であっても、その半分は、あなたのお嫁さんに、権利があるのです。

となりますと、残高が70万円そしてその貯金がすべて婚姻後に形成されたのであれば、35万円は返せと請求ができるということになります。

仮にその残額が、婚姻前に形成されたものであれば、70万円全部について返せと請求はできますが。

 

しかしながら、たとえば、他にも貯金があり、今回の貯金とあわせて実は200万あった(かつ200万円はすべて婚姻後に形成)のであれば、お嫁さんには100万円を受け取る権利があることになってしまいます。

ですから、70万円を取り戻すことはできないことになるでしょう。

 

これらの主張は、現在奥さんが住まれているところの家庭裁判所に調停を申し立て、その調停の中でします。

調停では、二人の調停委員がほぼ機械的に財産分与の額をだしてきますので、それにあなたが納得できなければ、調停を成立させずに、訴訟を起こす、

それなりに納得ができれば、かつ向こうも納得すればの話ですが、調停が成立するということになります。

 

歯切れが悪くて申し訳ございません、よろしければ、上記に関連する情報を追加でいただくか、もしくは、追加で質問いただければと思います。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問