JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

相談先がなく困っています。ご回答アドバイスをお願いいたします。 知人が逮捕され、知人宅に7月28日14時ころ警察か

解決済みの質問:

相談先がなく困っています。ご回答アドバイスをお願いいたします。
知人が逮捕され、知人宅に7月28日14時ころ警察からの連絡を知人の奥さんが受け、警察に行き情報を確認しましたが、48時間経たた ないと詳しいことは教えられないと言われたそうです。
罪状は住居侵入らしく場合によってはほかの罪状も付加されるようなことも言われたそうです。
また、1週間以上帰れませんとも言われたそうです。
詳しいことは、7月29日の午前中に説明されるとのことですが、通常、家族にも状況をはっきり
説明できないような事件は相当重い罪の場合でしょうか。
心配で質問させてもらいました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こんにちは、弁護士です。

住居侵入罪のみで逮捕、起訴されるということはほとんどありません。
住居に侵入したということは、侵入する目的があるのが普通であるためです。
最も多いのは、窃盗罪です。
次いで、強盗(致傷等含む)・強姦・殺人といったところです。

1週間以上帰れないということは、罪証隠滅・逃亡のおそれがあると判断されており、勾留されるのでしょう。

本件のような警察の処理は、特に罪が重い場合というわけではなく、一般的な処理です。
とはいえ、1週間以上勾留する予定ということは、微罪ではないことも確かです。

今後、弁護士がついて連絡があるものと思われます。
弁護士は、知人とも面会できますから、弁護士を窓口にしていくといいでしょう。

そして、刑事裁判になったら、奥様が証人として出廷し、再犯しないように監督していきますといった証言をすることになるでしょう。
質問者様においても、本件の被疑者と親しいのであれば、「普段はこんなにいい人でした」といったように証言をすることになる可能性もあります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問