JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

慰謝料の相場を教えて下さい。 同僚から私に対して「会社を辞めるように勧めたり、社員同士の仲を悪くさせる」など身

解決済みの質問:

慰謝料の相場を教えて下さい。

同僚から私に対して「会社を辞めるように勧めたり、社員同 士の仲を悪くさせる」など身に覚えのない内容が書かれた手紙を何の前触れもなく手渡された上、その手紙を会社内にばらまかれ、関係のない同僚や上司にまで「問題がある人」だと噂を広められました。
結果、私は適応障害という診断を受け、会社都合ということで退職させられました。
現在、傷病手当を一年以上受け、再就職できずにいます。

会社側とは労働審判の後、これ以上争わないとしていますが、問題を起こした元同僚は私に対して事実確認もせず、不適切な行動をしたt認めながらも減給処分だけで未だ在職しています。

私としては不適切どころか、故意による不法行為だと思っています。

本来なら仕事を辞めるつもりはなかったので、元同僚に示談を提案し、慰謝料を支払う旨伝えましたが、拒否されました。

今後、民事訴訟を起こそうと考えていますが、退職を余儀なくされ収入が無くなったことを含めて、どれぐらいの慰謝料を請求すれば良いでしょうか?
そして、実際によく似た事例があれば、どれぐらい金額が支払われたのかも教えて頂けると幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

同僚からの嫌がらせ(パワハラ)による不本意な退職、ご心痛お察し申し上げます。

嫌がらせによる請求に相場というものは存在しないのですが、実際に判決で示されている事例としては、100万円~200万円の範囲です。

具体的にパワハラで上司相手に訴訟となった主な事例としてはトマト銀行事件があります。パワハラで退職を余儀なくされた労働者が会社と上司を相手取って4800万円の支払いを請求した裁判でしたが、判決は銀行と元上司に110万円の支払というものでした(岡山地裁)。

パワハラの事実は認定したのですが、働き続けていれば得られたであろう金額(逸失利益)に関しては裁判長は認めなかった判例です。

労働審判やあっせん制度で提示される和解の金額も、月給の3~6カ月分が一般的ですので、200万円程度の請求が妥当ではないかと思われます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

労働審判は終わってしまっているので、個人に対する民事訴訟になると思います。


上司や会社に対して訴訟を起こすわけではありませんので、何千万単位の提示は無理だと考えられます。


 


慰謝料200万とし、本来なら就業して得られたであろうきゅよを考えるとプラス300万で合計500万を提示することとなると思います。


 


そうなると、実質はどれくらいの慰謝料をもらえると予想できますか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談者様のおっしゃる通りで、会社はご相談のケースでは関係ありませんので、あくまでも相手は上司個人になります。

訴訟での事であり、全ては裁判官の心証ですので、いただいた情報では確たることは言えませんが、100万円~150万円の範囲での判決になるのではないかと、経験則からは予想します。

逸失利益が認められたとして、傷病手当の既受給額は控除要因になるかと思われます。

sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

追記としまして、今回訴訟を行う相手は上司ではなく、役職の全くない同僚です。


しかも、手渡された手紙には同僚の署名がされていましたが、他の同僚の署名もありました。


しかし、労働審判で他の同僚の署名は会社が管理している履歴書を勝手に持ち出し他の同僚の許可なくコピーして貼り付けたと自白しています。


 


分かりやすく申し上げますと、一人では私に圧力をかける事が出来ないと思ったから個人情報を勝手に利用し、複数で手紙を作ったと見せかけたのです。


 


以上のことから同僚の行為は過失ではなく、故意によるものだと思われますが、それでも100万~150万の判決になるでしょうか。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

相手方が上司であれ同僚であれ、同様です。

また職場内での嫌がらせは通常、故意による行為です。

判決は裁判官がするものですので、ここで回答申し上げておりますのはあくまで経験則からの予測に過ぎませんが、追記情報の内容であっても、100万~150万程度で出るものと推察いたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。

法律 についての関連する質問