JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 955
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

◆質問 拘留中に外部の知人に自ら連絡を取る手段はありますでしょうか? 拘留中の家族がいます。薬物依存のため家

質問者の質問

◆質問
拘留中に外部の知人に自ら連絡を取る手段はありますでしょうか?

拘留中の家族がいます。薬物依存のため家族が身元引受人となり保釈するつもりは一切ないのですが、本人は友人、知人に保釈金と身元引受人を頼もうとしています。交友関係は決して良いとは言えずもし誰かに借金でもして保釈された場合大変なことになってしまいます。本人は保釈のことばかり考え躍起になっているようですが家族としては薬物依存からの回復と自立を願い保釈以前に裁判後執行猶予で出てきた後の身の振り方を考えさせたいのですが。。。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
接見禁止の指定がされていない限りは、郵便を送ることは可能ですし、
あるいは嘆願書を書くなどして、伝言を依頼することはできる場合があります。
電話で直接話す、ということはできませんので、手紙や伝言の後、具体的な
話をするためには、友人などが来て面会をした上で、ということになります。

また、接見禁止の有無にかかわらず、弁護士を依頼し、連絡をとってもらう
ことは可能です。


法律 についての関連する質問