JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

知人の元彼女の性同一性障害の娘というか胸オペした息子に45万円を貸したのですが、40万円しか返ってこず、音信不通状態

解決済みの質問:

知人の元彼女の性同一性障害の娘というか胸オペした息子に45万円を貸したのですが、5万円しか返ってこず、音信不通状態です。息子には定職がなく、母も生活保護です。知人は別件で交通事故で100万円の罰金を科せられることになっており、それがお盆すぎに片が付いたら取り立てにいってあげるといっているのですが、元彼女が自己破産したら債権は回収できないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 5 年 前.

はじめまして。大阪で弁護士をしています。

 

その息子さんが自己破産してしまうと、回収は、ほぼできません。

なぜかと言いますと、貴方とその息子さんは、45万円の金銭消費貸借契約を締結しており、貴方はその息子さんに45万円の残金40万円を返せと請求できる債権を持っています。

反対にその息子さんは貴方に40万円を払わなければならないという債務を負っています。

そして、自己破産すると、このような内容の債務は、自然債務化というのですが、簡単に言ってしまうと法的には消滅したのと同じ状況になってしまうのです。

もちろん、それは、法的に消滅したのと同じだけであって、その息子さんの自己破産後に、40万円はらってよと言ってその息子さんが払ってくれればそれで問題ないのですが、通常自己破産してしまうと、破産者は、おれはすべて免責された払う義務はないと言って払ってはくれません、そして、たしかに払う義務は法的には消滅している以上、払ってというのはお願いレベルでは言えますが、請求はできないとされています。

 

さらに、その息子さんが自己破産したあとに、その母に請求できるかの問題ですが、おそらく無理だと思われます。

つまり貴方もお気づきのように、その母も返済していることからすれば、その母は債務の保証人ではないのかと思われるのですが、なんせ保証の契約書がありませんし、しかも実質的に考えても生活保護を受給している人は、最低限の生活しかもらってはいけないことになっていますので、息子さんの借金を返済したことが役所にわかれば下手をすれば生活保護が打ち切られてしまいますので、そこまでして払うとはおもえないからです。

 

ここまでが質問に対するご回答ですが、

以上をふまえますと、その知人さんに、なんとしてでも少しでもはやく取り立ててもらったほうがよいと考えます。

音信不通ということですが、住んでいるところさえわかれば、ご自分で「支払督促」といったこともできますし、とにかく、その方が自己破産する前に、回収するためのあらゆる手段をとっておいたほうがよいと思われます。

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか。

ご不明な点もしくは私の回答を読み新たな疑問点がでてきましたら、ご遠慮なく言って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
母親の住んでいるところはわかりますので、知人に連れて行ってもらって母親に会い、息子の住所を聞き、定職に就いているのであれば、15000円ずつの返済を要求します。また、少額訴訟は弁護士をやとわなくてもできるのでしょうか。定職についた時点で差し押さえができるそうですが。
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 5 年 前.

ご本人に直接要求していくのが一番よいです。

なお、のちのちのことを考えて、その交渉の際に、こそっとできれば録音をしておいてください。こそっと録音しても犯罪ではありませんし、のちのち裁判で有効に証拠になりますので、その点はご心配なく。

 

少額訴訟はもちろん弁護士を雇わなくてもできますよ。

そもそも本人訴訟を促すための制度でもありますから。

インターネットでひな形をひろうことができるはずですし、そのための本が売っています。

 

なお、通常の訴訟も、弁護士をやとわなくてもできますよ。

当事者訴訟の場合は、裁判所の書記官さん(窓口のかた)がかなり丁寧ですので。

 

そして、この訴訟で勝てば、執行力という力が付与されますので、定職についた時点でその給料債権を差し押さえることができます。

なお、差し押さえのほうは、弁護士を雇わないと面倒ではありますが、やとわなくてもご自分でやろうと思ってできないことはありません。

なんせこの差し押さえというのは、単に手続きが面倒なだけ、ようはお役所にだす書類はいろいろ面倒だというのと基本的には同じレベルですので。

 

イメージわきましたでしょうか?

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問