JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

今年5月末に叔母さんが亡くなり家のかたづけを、叔母の姉、妹、私、主人、私の母の計5人でしていた時に遺言書が出てきまし

解決済みの質問:

今年5月末に叔母さんが亡くなり家のかたづけを、叔母の姉、妹、私、主人、私の母の計5人でしていた時に遺言書が出てきました(皆で回し見しました) 内容 は私に預貯金の全てを相続する内容でした。
その時に叔母の妹が遺言書をあずかると持ち帰りました。 後日叔母の妹に遺言書を確認したいので、返してと言ったところ、どこにやったかわからないとの返事でした。
7月14日 叔母の49日の日に遺言書を返してくれました。 家に持ち帰り遺言書を確認したときに明らかに書き変えられていました。叔母さんの妹にといつめると書き変えてないの1点張りです。
このような場合どのような対処をすればよいのでしょうか。
原本を検認してもらいたかったのですが、よろしくアドバイスお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 遺言書を、亡くなった叔母様の妹様が書き換えたと言うことは

見つかったのは、自筆証書遺言(叔母様がすべて手書きした遺言)と言うことですね。

自筆証書遺言は、封筒に入っていたのでしょうか?

封印がしてあろうが、してなかろうが、自筆証書遺言は、家庭裁判所の検認手続きを

受けないといけません。

 そうしないと、遺言そのものが無効と言うことではありませんが

不動産の相続による所有権移転登記や、銀行の預貯金の名義変更や解約を却下されます。

つまりは、現金以外は、凍結されたままになると言うことです。

 今回の場合、叔母様の妹様が多分、遺言を破棄したのでしょうから

そのような場合、遺産分割協議によって財産を分ける事も出来ます。

 お話から、亡くなった叔母様は、独身でお子様もご両親様もいらっしゃらないと言うことでしょうか?

 そうなると推定相続人は、叔母様のご兄弟となります。

叔母様のお姉様、妹様、とご相談者様のお母様と言うことでしょうか。

ご相談者様は姪にあたるので、相続ではなく遺贈になります。

前の遺言が有効でも、ご兄弟様には遺留分がないので

遺言通り、すべてがご相談者様の財産となった訳です。

ただ、すでに偽造されていますから、そのことでどう対処するかです。

叔母様の妹様は、私文書偽造罪と言う刑法犯となり、警察に告訴できますし

遺言書を偽造したものは、相続欠格となり相続人にはなれません。

叔母様の妹様のお子様は代襲相続は可能です。その場合は相続放棄をしてもらうことです。

 そのことで叔母様の妹様に交渉して、遺産分割協議書を作成して

ご相談者様が、すべての財産を貰い受けるでも良いでしょう。

 もめるようであれば、家庭裁判所の遺産分割協議の調停を申立てると良いですね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

相続人は 叔母の姉x2、妹、代襲相続の私、私の妹 計5人です


私文書偽造を確かめるにはどこの機関に遺言書を提出、確認すればよいのでしょうか


家庭裁判所の遺産分割協議の調停申立てをすることで、私が有利な立場になるのですか


相手が悪いのに、逆ギレされてます。


 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

そうすると、ご相談者様のお父様が、叔母様のご兄弟様と言うことですね。

大変失礼いたしました。

 私文書偽造罪で警察に訴える場合は、刑事事件ですから

証拠が必要となります。叔母様の妹様以外からは

きちんとした証言が取れると思いますので

刑事訴訟で争うことになります。

流石に、それは、叔母様の妹様も嫌でしょから、いろいろ譲歩してくるでしょう。

要は、ご相談者様が、どれだけ本気で対抗すると思わせることができるかです。

悪いことをする人ほど、怖くなって逆切れするものです。

譲歩したら遺産分割協議書を作成します。

もちろん、本物の遺言があれば、返却してもらって、家庭裁判所で検認してもらいます。

封筒から出していてもとりあえず家庭裁判所にご相談下さい。

5万円の過料の可能性もあります。

 遺産分割協議の調停では、事前にそのような遺言があったことを主張すれば

ご相談者様が有利になるでしょう。

叔母様の妹様の遺言の偽造による相続欠格を主張しましょう。

理論上は、そう言う行為をしただけで相続欠格になり、家庭裁判所等に

申立てる必要もございません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問