JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

ペット飼育禁止のマンションに住んでいます。事情があって、数年前から犬を飼っていますが、大型マンションで、ペットを飼っ

解決済みの質問:

ペット飼育禁止のマンションに住んでいます。事情があって、数年前から犬を飼っ ていますが、大型マンションで、ペットを飼っている方は実際にはかなりの数に上ります。数年前から理事会でも問題になったのですが、現状では全てのペットを飼わないようにするのは難しいことから、今飼っているペット以外に新たなペッと飼育をしないこと、共有施設を歩かせたりしない等の決まりを作って、飼っている状態です。ところが、数日前に敷地外を散歩をさせていたところ、「まだ犬飼ってるのか!」と怒鳴られたり、車を洗っていると「俺はしつこいからな」と嫌がらせを言いに来たりする方がいました。私どもとしても、もともと規則違反なことであるため、黙って聞いているしかなかったのですが、本日ポストに名指しで非難する文章が書かれたA4サイズの用紙が入っており、住んでいる棟の全世帯に配布されていました。「居住のみなさんへ、管理組合 理事会へ」という書き出しから始まり、最後は飼育を放棄を求めましょう!」と書かれています。明らかに個人攻撃であり、両親も精神的に参ってしまっています。以前も名指しで非難されて、飼い主がノイローゼになりそうになって引っ越したそうです。このような個人非難を行い、また誰が作って入れたのか記載がないので、卑怯なやり方だと思っているのですが、法律的に脅迫や精神的苦痛等にあたる行為として認められるものでしょうか?現段階では、とりあえず、理事会の担当者にこのようなものが配布されていることを伝えに行こうとは思っていますが、いかがでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは、弁護士です。

1 >法律的に脅迫や精神的苦痛等にあたる行為として認められるものでしょうか?

認められます。
質問者様が規則違反をしているかどうかは関係ありません。
民事上は不法行為(民法第709条)、その紙に書かれている文章の内容次第では、名誉毀損罪(刑法第230条1項)、脅迫罪(刑法第222条第1項)が成立する可能性があります。


2 >現段階では、とりあえず、理事会の担当者にこのようなものが配布されていることを伝えに行こうとは思っていますが、いかがでしょうか?

それで構わないと思います。
まずは、マンションの自治の問題ですので、いきなり弁護士や警察を介入させることは避けた方がいいでしょう。それでも止まないようであれば、なんとかそのような行為に及んだ個人を特定し、止めるように請求することになるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返信を有難うございます。「その紙に書かれている文章の内容次第では」との回答がありましたので、確かにその通りだと思い、再度ご連絡させていただきました。以下に配布された文章を記載しますので、名誉毀損罪(刑法第230条1項)、脅迫罪(刑法第222条第1項)に値するかどうか、教えていただけますでしょうか?


居住の皆さんへ


管理組合 理事会へ


 


決められた規約を尊守(尊の字はシンニョウが付いている文字です)して、互いに気持ちよく過ごすのが、集合住宅の基本ではないでしょうか?


 


○棟の○号の○○夫妻は


動物の飼育は規約の中で“禁止事項”になっているにもかかわらず、何も言われないからと、中型犬を飼い、しかも、人が観ていないことをいいことに、エレベーター内部でも床に放し、敷地内も歩行されるなど、我がもの顔です。


子供に“動物は飼えないのよ!”と諭したり、また、不衛生なものを持ち込まれ、不快に思っている方々の苦情話なども耳にします。


また、近頃は嬉しいことに、新生児や幼児もチラホラ見かけるようになりました。このような中で、野外のどのようなところを連れまわしたかも知れない不衛生な動物を持ち込まれ、悪臭や雑菌などでエントランス・エレベーター・通路等の共有部分を汚染され、どんでもないことが起きてからでは取り返しがつきません。“やあーね!勝手なことして!”と言われていますが、皆さんは陰湿な嫌がらせをされたくなく、陰での話になってしまっています。


当事者は誰にも何も言われないからと身勝手な行動です。本来ならば、「組合員のしおり」を渡され、管理規約を承知し守って生活するのが、社会人としての常識です。そういうことも理解せず無視して平然と飼育しています。でも間違ったことはきちんと指摘しなくては、私たちの居住環境は維持・改善されません。せめて居住環境だけは不正を放置したくありません。


管理規約には禁止となっていても、エレベーター内の掲示は勝手に飼育できるような解釈になりますが、動物飼育が禁止であることに変わりはありません。なぜあのような矛盾した掲示がなされているのか疑問です。身勝手な行動を助長するもとにもなっているようで、改めて欲しい!


自転車のシール未貼付車の廃棄た建屋毀損警告と同じように、動物飼育は集合住宅の居住空間汚染であり、私たちの共有財産の侵害です。


思い切って、“○棟○号○○夫妻”に「動物飼育は禁止であること」そして「飼育放棄」を求めていきましょう!行動しないと何らかわりませんから。


また、理事会は動物の飼育をやめるよう警告することを求めます。


 


これがA4に書かれた全文章です。また、母も私も手が痛 かったり、雨が降った時等に共有部分を歩かせたことがあり、そのことについてはこちらの事情を行っても飼っているほうが行けないのだからと、数カ月も前からしないようにしています。また、防犯のビデオが付いているはずなので、特定しようと思えば誰がやったのか特定ができるかと思うのですが、これは管理事務所に確認しなければわかりません。ただ、その場合、警察等の許可がいるのかと思いますので、まずは理事会に相談するつもりですが、こちらとしては、このようなことが許されるのか確認したくてご相談した次第です。少しずつ行いがエスカレートしており、両親のことが心配です。宜しくお願いいたします。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

名誉毀損罪には成立する可能性は低いです。
名誉を毀損するような内容が含まれているとは言い難いためです。

ただ、
「思い切って、“○棟○号○○夫妻”に「動物飼育は禁止であること」そして「飼育放棄」を求めていきましょう!」
という部分については、当該夫妻のペット飼育をする権利を脅かすかのような告知をしているため、脅迫罪が成立する可能性はあります。

もちろん、法律上は犯罪が成立するといっても、必ずしも警察が介入してくれるわけではありません。
まずは、特定個人を対象とした今回のような紙を配布する行為は許されるものではないという抗議をなさるといいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
有難うございます。民事上 は不法行為(民法第709条)、脅迫罪(刑法第222条第1項)が適用になる可能性はあるということですか?弁護士様がおっしゃるように、まずは、このような個人攻撃について、管理組合に異議申し立てするつもりですが、管理組合が取り合わない場合はどうしたらよいか迷っています。「まずは、特定個人を対象とした今回のような紙を配布する行為は許されるものではないという抗議をなさるといいでしょう」と返信を頂いていますが、その後にどのような状況になるのか次第だとは思いますが、管理組合が何もしないという場合、こちらから出来ることはありますか?個人攻撃をやめさせるために出来ることはありますか?こちらからこのような個人攻撃を受けたことを許されるものではないと告知したりすることはいかがなんでしょうか?それがさらなる危害になる可能性はあるため、もちろん熟慮して行わなければなりませんが、例えば犯人を特定するために、防犯ビデオを確認したい場合、こちらから申し出て、管理組合に掛け合った時、管理組合は応じることができますか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
不法行為の方が可能性は高いです。犯罪の成立となると、一段ハードルが上がります。

管理組合が何もしない場合には、自衛するしかありません。
すでに書かれているとおり、犯人を特定して抗議することになるでしょう。

告知することは、こちらからの反論の第一歩です。弁護士がついたら、まずそうするでしょう。
弁護士であれば「止めなければ損害賠償請求しますよ」といったように告知します。さらなる危害・・・というご心配はわかりますが、何もしなければ止まらない状況であれば、反論するしかありません。

管理組合が応じるかどうかは、おそらくマンションの規定で決まっている事項だと思います。防犯カメラの映像を開示できる場合について定めているでしょうから、それに照らして応じる可能性があるかどうかを確認してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
本当に有難うございます。これから管理組合に掛け合いますが、上手くいかない場合は(エスカレートする、管理組合が行動を起こさない等)、これらの経緯をもとに弁護士を立てる、その他管理組合の規定で防犯ビデオを確認できない場合は、警察を介入する、または弁護士を通して犯人を特定するということでよろしいでしょうか?告知する場合は弁護士を立てたほうがよいのでしょうか?何度も申し訳ございませんが、宜しくお願いいたします。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
警察は最後の手段です。警察は、なかなか動こうとしませんので、より被害が深刻化し、証拠もないと腰が重くて動きません。本末転倒なのですが、これが実態です。

弁護士が犯人の特定を手伝ってくれるとは限りませんので、できるところまでをご自身で調査されてから、依頼するといいでしょう。
jo-banをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
今、管理組合の方に会ってきました。以前から私どもを特定で数枚の同じような文面が管理組合に届いていたようです。しかし、やはり差出人の名前がなく、対処しようがない状況であったそうです。今回のことも、少し様子を見てほしいと言われました。しばらくは様子を見ようと思いますが、エスカレートするようであれば、対処を考えようと思います。本当にありがとうございました。

法律 についての関連する質問