JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

住宅の工事代金が回収できません。先取り特権という制度があると聞きましたが、 具体的にはどうすればよろしいのでしょう

解決済みの質問:

住宅の工事代金が回収できません。先取り特権という制度があると聞きましたが、
具体的にはどうすればよろしいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

不動産工事の先取特権は有効に存在していれば抵当権者よりも優先して返済がうけられるものですが、その要件は厳しく工事に着工する前に登記をしておかなければならないため、今回のお話では先取特権により優先的に返済を受けることができません。

したがって優先弁済権のない一般債権者として回収を図ることになります。

 

相手が任意に支払わないのであれば、裁判の判決や仮執行宣言付支払督促など請求権の存在を公に認めたもの(債務名義といいます)を事前に取得し、相手の財産を差押える強制執行手続きにより回収を図ります。

ご自身で行うのが困難であれば、弁護士に依頼してください。

 

もし金融機関から競売の申立てがされた場合、配当要求という手続きを行えば住宅ローンを完済して残った金額から、他の債権者と平等に支払いを受けられます。
配当要求を行うにも債務名義が必要になりますので、近々競売になる可能性が高いのであれば早めに行動しなければならないでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

署名欄の記載をお読みになり、マナーを守ってご利用いただくようお願いいたします。

どのような点についてより詳しい回答が必要なのか、明らかにしてください。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問