JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

家庭裁判所の権限について質問です。 家庭裁判所が金融機関に照会を依頼するには、何か仕組みがありますか? たとえば

解決済みの質問:

家庭裁判所の権限について質問です。
家庭裁判所が金融機関に照会を依頼するには、何か仕組みがありますか?
たとえば、成年後見人をしている人が被後見人の預金を流用した場合、被後見人以外に成年後見人自身の預金口座の照会をすることも可能なのでしょうか?
また、口座を解約したとしても履歴を照会することは可能なのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

家庭裁判所には後見人だった者の預金口座を照会する権限はありませんので不可能ですが、犯罪の捜査ということであれば捜査機関にはその権限があります。
口座を解約しても履歴は残りますので、照会を免れるために解約するのは意味がないばかりか証拠を隠そうとしたのではないかと思われる危険があるので、妙な行動はやめましょう。

 

前回の回答者からの回答でもご説明があったとおり、後見人が被後見人の財産を流用することは業務上横領という犯罪であり、実際にご親族の後見人からも逮捕者が出ています。
後見人の義務や責任を良く理解していなかったことが原因であればよほど金額が大きく悪質でなければ犯罪として立件されることはおそらくないでしょうが、それも反省して協力していればこそです。
既に行ったことはもうどうしようもないのですから、後は正直に全てを明らかにして裁判所と後任の後見人の指示に従ってください。それが一番あなたの身を守ることになります。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問