JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4802
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相談をお願いします。現在、離婚調停申し立て中6歳、5歳の子をもつ母です。 今年5月19日に5旦那から離婚について事

解決済みの質問:

相談をお願いします。現在、離婚調停申し立て中6歳、5歳の子をもつ母です。
今年5月19日に5旦那から離婚について事前の相談もなく、いきなり遠方の両親を呼ばれ、一緒に生活していけない、別れたい、親権は欲しいと言われました。
私は、結婚当初より育児休暇中を除き、看護師として月4~5回の夜勤をしています。今まで夫と夫の両親が育児に協力的でやってこれていましたが、今年の2月末頃から、仕事を辞めて欲しいと言われるようになりました。私は、急に言われても次年度の役割がすでに決まっていること、一家の収入の半分以上が私の収入であるため、生活の見通しが立たないことを理由に断りました。その後も5月上旬に、仕事に対するウェイトが大きいあまり母親業をおろそかにしていると言われ、上司に年度末での退職とそれまでの間の勤務時間の短縮を希望しました。翌日には、退職後の生活について夫に相談しましたが、現実的な検討はできませんでした。夫は過去に多重債務やキャッシングなどの経験があります。
離婚を切り出された翌日に夫と話し合いの場を持ち、お互いに不満をぶつけ、反省すべきところを反省して改善がみられたらそれを認めよう、子供のためにも前向きな検討をしていこうということになりました。その後私は改善の努力をしましたが、夫は約束したことも実行してくれませんでした。夫は5月30日に精神科病院を受診し、抑うつ状態との診断を受け、相談もなく翌日から2週間休 職しています。その間も友人と出かけたり、消防団の活動をしたり、飲み会にも出かけています。私は精神科の看護師なので、診断には疑問があり抑うつ状態というよりもむしろ人格障害を疑っています。6月10日に、やっぱり離婚して欲しいと言われ、その日に1人で家を出て行きました。現在はすぐ近くにある実家にいます。私が夜勤の時や仕事が終わるまでは子供をみてくれています。
私としては、関係の修復は困難なため離婚には同意していますが、親権と財産分与について調停で話し合いたいと思っています。持ち家があり、私名義、夫婦連帯債務の住宅ローンが約1900万残っています。負担割合は6:4です。土地は夫の父名義です。ローンも残っています。土地代として、今までに130万以上払っていますが、相手は自分たちに都合の悪い情報は公開してくれません。調停申し立てに際し、情報の公開を希望しましたが応じてもらえず、提出できないでいたら、先に申し立てをされてしまいました。申立書はまだきていませんが、実父からの連絡によると相手の主張は育児放棄ということです。相手の両親も出てきて、私にではなく実家の両親に連絡しています。早く解決したいため私の希望を聞いて欲しいと言ったり、私はうそつきで精神的な病気だと言ったりしているようです。離婚を切り出された時から、おそらく言った言わないの話になるだろうと思い、記録は残すようにしています。やりとりしたメールも保存してあります。義父や夫が実父に言っていることに対しては、反論できる証拠が残っていると思われます。あまりにも急な展開で正直戸惑いはあります。結婚し子供を授かったことには感謝しているので、できればこれ以上関係をこじらせずに解決したいと思っていますが、一昨日、子供のうち1人が希望しているから泊めると言われ、帰らせて欲しいと伝えても承諾してもらえずけんかになり、連れて帰ってきました。今まで、共同親権であること、子供の権利もあることなどを考慮し、相手や子供の希望を聞いてきましたが、私が子供たちといられる時間にも子供たちを連れて行くため、奪われそうで怖くなりました。昨日、職場の協力を得て、日勤のみの勤務にしてもらい、相手の同意は得られてませんが、学童・延長保育の手続きをしてきました。関係がこじれ、ドロ沼化しています。初回の調停は8月24日の予定です。それまでに私がすべきことについてアドバイスをお願いします。長文になり申し訳ありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 すでに調停を、ご主人様に申し立てられていらっしゃいますが

ご相談者様も、離婚には合意されていらっしゃるようですから

後は、離婚条件の問題だと思われます。

 特に、親権の問題が大きそうですから

親権の場合、養育費や財産分与と違い、調停でも決まらないことも多いので

裁判となる可能性もございます。

 とりあえず、未だであれば、市役所に「離婚届の不受理の届」を提出しておいて下さい。

意外と勝手に離婚届を出す人はいますし、離婚届には親権者の指定欄がございますので

ご注意が必要です。

 一般的には、調停では、奥様側に親権等が9割方は行きますが

後の1割は、奥様がお子様に対して虐待(DVやネグレクト<育児放棄>)があるときや

ご主人様が一人で育児実績がある場合です。

 そう言う意味で、育児放棄と相手が主張したり、お子様を泊めようとかされているのでしょう。

とにかく、別居中はご注意が必要ですから、できれば、ご相談者様の親御様に

育児のお手伝い等をお願いした方が良いかもしれません。

 また、学校や幼稚園等にも、ご事情を説明して、ご主人等がいらしても

預けないように指示をされて下さい。

 育児放棄と言っても、本来は児童相談所が飛んでくるような案件でないと

そう言うことにはなりません。

 それと、調停ではあまり発言の時間がありませんので

ご相談者様の思い等を「陳述書」に書いて、事前に家庭裁判所に提出しておいて

下さい。これまでのご主人様との離婚に至る経緯や、離婚条件や

お子様への思いなど書いて下さい。

 調停の場合は、当事者と調停委員を挟んでの話し合いになりますので

弁護士の先生にご依頼する必要はございませんが

お仕事で時間が取れない場合の代理人は弁護士の先生しかなれません。

また、親権でもめそうな場合は、その後の裁判も想定して

弁護士の先生に最初からご依頼すると言う手もあるかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

離婚届の不受理の届けはまだ提出していません。2人とも離婚調停申し立て書を提出しているため、その必要はないと考えていたのですが、手続きをした方がいいのでしょうか?文書偽造で離婚届が受理された場合どうなりますか?


 


夫の申し立て後、私も申し立て書を提出しています。申立書を提出後も陳述書はいつでも受理して下さるのでしょうか?


 


親は遠方で仕事もしています。仕事を辞めて一時的にこちらに来ることを提案してくれてはいますが、私としては、夫婦の問題であり、すでに家を出て独立しているため、できるかぎり自分で解決したいと考えています。


職場の仲間や友人のサポートもありますが、子供の養育環境として両親のサポートを得られないということは不利な条件になりますか?


 


また財産分与に関しては、新築後、サンルーム・カーポート・ソーラー発電設置・アスファルト舗装などを行ってきたため、預金などは底をついています。あるのは現物とローンばかりです。その場合一般的にはどうなりますか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

調停時点で、離婚届の不受理の届を出されてない場合、

仮に離婚をしたくない場合でも、離婚の意思ありと調停委員に取られます。

また、勝手に離婚届を出した場合は、離婚届無効確認の調停等ができますが

時間や労力が余計にかかるだけです。

どうせ離婚するのだからと、裁判所や市役所の対応が冷たい場合もございます。

相手が、離婚届を出して、調停を取り下げたり、不調にされると目も当てられません。

 陳述書は、調停前に提出する方が良いのですが、当日、提出しても構いませんし

いつの段階でも出せます。毎回、提出される方もいます。

 一人で頑張る考えは素晴らしいですが、そこを相手側につかれたりすると

つまらないですし、親御様のせっかくの申出を断るのも惜しい気もいたします。

そこは、ご相談者様の判断ですが、その代りの打つ手は考えないといけません。

それが、どのようなサポートでも良いでしょうから、相手側に対して説明ができるように

しておきたいですね。具体的にご友人がどうサポートされるとかですね。

 不動産は、任意売却をするか、どちらかがローンを引き受けて譲渡されるかですね。

そこは、売却益の予測などケースバイケースの案件です。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問