JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

こんにちは。よろしくお願い致します。私の知り合いの家のことです。改修工事中に床下に掘った1.5メートルの穴の

質問者の質問

こんにちは。よろしくお願い致します。
私の知り合いの家のことです。
改修工事中に床下に掘った1.5メートルの穴の中で作業していた作業員の方が、積まれた土砂などが突然に
降り出した激しい雨で崩れたため、流れ込んできた土砂に埋まり亡くなられました。

知り合いは、亡くなられた方のことも心痛に余 りあるものの、工事中の家に住むことを断念しょとおもっているようです。
契約している建設会社と、どのように対応していけば問題を最小にできるでしょうか。
一番の問題は限られた中での工事費用のため、73才の年齢でこれからの生活を考えると不安だといっております。

勝手ではございますが、アドバイスを宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他頂いた回答はどうしてみるのでしょうか。
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

再投稿なので、お答えします。

 

 まずなくなられた作業員の方は、これは労災ですので、労災から補償がでます(遺族補償給付、遺族補償年金)。勿論建設会社が労災に加入していることが前提ですが。

 

 土砂が崩落したことに、改修中家屋の所有者・占有者が責めを負わない場合は、質問者様に責任は及びません。

 

 >工事中の家に住むことを断念しょとおもっているようです。

 

 →人が死んだことで気味が悪いというお気持ちなのでしょうか。

 

 契約書に、工事が中止された場合の代金の支払についての条項があるはずですが、仮に労災事故のためでも、その事故を理由に契約を解除する場合は、注文者の責に帰すべき事由による解除なので、損害賠償責任が生じます(民641条「請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。」)。

 

 ゆえに工事が中途で終わっていても全代金の支払を請求される可能性があると思います。

 

 

法律 についての関連する質問