JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

簡易裁判所より『貸金請求事件』として訴状が届きました。 内容は私の弟が他人から65万円を借り、返済が一切無い。

解決済みの質問:

簡易裁判所より『貸金請求事件』として訴状が届きました。
内容は私の弟が他人から65万円を借り、返済が一切無い。
借用書には私の名前が連帯保証人として記名してあり印鑑も押してありました。
それで私に支払えということなのですが、
私と弟とは絶縁状態で、何年も音信不通で現在も居場所も連絡もとれません。
また、原告とも一度も会ったことも無く、弟との借金のやり取りが有った事も知りません。
借用書の署名も私の筆跡とは違っており、印鑑も3文版でこの借用書自体の存在も知りませんでした。
このような場合はどのようにすればよいのでしょうか?
また、答弁書の作成をお願いすると費用はいくらぐらいかかる物なのでしょうか。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


訴状が届いた場合、無視していると原告の主張が認められて、質問者様の 敗訴となってしまいます。
身に覚えがないとしても、答弁書を作成し相手の主張を否認しなければなりません。

連帯保証人の署名が自分のものでないということ、実印を押印していないということを主張して連帯保証人の署名押印がしてある借用書の信用性を覆していくことになります。今回の件は、質問者様の自署の署名でないこと、実印が押印されていないことを考えると、敗訴することはありえませんが、やはり答弁書の作成、訴訟の進め方のアドバイスを専門家に尋ねたほうが無難でしょう。

答弁書の作成は、司法書士に依頼すれば、事務所によって違いますが、大体1万円から3万円くらいで作成してくれます。訴訟についてのアドバイスもしてくれる、信用できる司法書士(認定司法書士がいいでしょう)に依頼することをお勧めします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問