JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

扶養義務についての質問です。 高齢の両親を他県に抱えております。両親は再婚でどちらにも実子は2名ずつおります。

質問者の質問

扶養義務についての質問です。
高齢の両親を他県に抱えております。両親は再婚でどちらにも実子は2名ずつおります。
父は糖尿病と人工透析を抱えておりそれを介護していた義理母が今 回認知症になってしまい介護もできない
状態になってしまいました。金銭管理もまったくできない状態で現金の財産はすべて失ってしまい2ヶ月に一回の
年金も2週間でなくなってしまうペースで借金をするようになりました。
このままではと思い、父は施設に入れたところです。
義理母の扶養義務は父の実子にはあるのでしょうか?また義理母の負債についての責任はどうなるものなのでしょうか?教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠 慮なくご返信ください。


本来であれば、配偶者は互いに扶養する義務があります。
もし、質問者様のお父様ご本人が、マンションを売る事を了承しているのであれば、そのお金を使って質問者様のお父様の配偶者、つまり質問者様の義理のお母様を扶養していく必要があります。
ただし、義理のお母様の実子に渡す必要はありません。
お父様が管理することができないなら、質問者様がお金を管理して、お父様と義理のお母様が生活していくのに必要なお金を渡していけばいいだけです。場合によっては質問者様がお父様の任意成年後見人になることも検討されてはいかがでしょうか。

また、義理のお母様も認知症であり、金銭管理が出来ず借金を繰り返しているようであれば、こちらは成年後見制度を利用するべきです。
お父様の件も含めて、手続きが複雑な点があり、誰を後見人にするかの協議をする必要がありますので司法書士などの専門家に間に入ってもらったほうが安心です。最寄りの司法書士会で無料相談をしていますので、より詳しい話しが聞けるでしょう。

さて、少し話しがズレましたが、
民法第878条1項では「直系血族及び兄弟姉妹は、互に扶養をする義務がある。」と規定しています。
質問者様が義理のお母様の扶養義務を負うか、という質問ですが、質問者様は義理のお母様から見て姻族1親等ですから、この規定には当てはまりません。

ただ、同条2項では、「家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合の外、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。」とも規定しています。
この規定によると、1項に規定されて いる者たちが扶養できない場合、3親等内の親族にも扶養義務があるとされ、質問者はこの中に含まれます。義理のお母様の配偶者、義理のお母様の実子に扶養する資力がない場合は質問者様に扶養する必要性が生じます。しかし、今の時点では質問者様が積極的に扶養する必要は感じられません。

また、義理のお母様の債務に関しても 、質問者様が負担する必要はありません(連帯保証人となっていれば別ですが)。
債務は本人が履行する義務があるからです。もし、義理のお母様が支払えないなら、保証人に支払う責任があります。お父様が保証人になっていれば、お父様が払わなければなりません。
しかし、義理のお母様が認知症の状態で借金を繰り返しているなら、やはりその状況を放置しておくのは危険です。上記に述べた、成年後見制度を利用すれば、勝手に借金することが出来なくなりますし、散財も防げます。
義理のお母様の実子も交えて、話し合うことをお勧めします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

迅速なご回答を有難うございました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
こちらこそ、ありがとうございます。問題が解決するといいですね。

法律 についての関連する質問