JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

近隣トラブル

質問者の質問

2年程前より、近隣トラブルで悩んでおります。隣人の心ない一言から始まり、逆恨 みから夜中に大声をあげての帰宅、防犯カメラでの撮影(本人は当初「防犯目的」と言っておりましたが、その後「毎日観ている」と言われた)や大声での誹謗中傷など。防犯カメラは当方1階自宅、及び駐車場が映っております。また、防犯ライトによる点灯が日に100回以上です。再三に渡り嫌がらせの中止やカメラの向き変更を申し入れましたが 聞き入れてもらえず。警察に通報したところしばらくは嫌がらせ行為を止めていただいが、しばらくすると再発。以前にお風呂場の覗きもあり、付きまとい行為もエスカレートし当方もノイローゼの様な状態になり、付きまといが行われた後、カッときて相手方の鉢の花を踏みつけてしまいました。その後、双方同席しての話し合いの場が持たれ双方の謝罪が行われましたが、現在は陰で近隣への誹謗中傷行為が行われております。お花の件や(相手方カメラに映っているそうです。)、当方が嫌がらせをしているといった内容のようです。近隣の方から聞きました。再度警察に通報。現在では内容証明の方を提出いたしましたが、相手方は鉢を踏みつけた件を出し一切聞き入れてもらえない状況です。やはり、1度でも過ちを犯した当方の言い分は一切正当化されないのでしょうか?先日は、当方が出した手紙がぐしゃぐしゃにされて、当方ポストに張り付けてありました。ただ、どれもハッキリした証拠を当方は持っておりません。相手方に出した手紙や日時を記したカレンダー、数点の写真位です。近隣の方数人の証人はいます。当初、当方は嫌がらせの中止とカメラの向きの妥当性を検討していただければ良しと思っておりましたが、現在では慰謝料の請求などができないかと考えております。  このような状況でも民事調停などを起こす事は可能でしょうか? また当方の言い分は認めら5れますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

一度カッと来て花を踏みつけたことで相手の行為が免責されて無かったことになったりはしないのでご心配なく。相手の違法行為とあなたの行ったことはあくまでの別のことです。
せいぜい損害賠償の話になったときに相殺する、例えば相手の違法が10、あなたが1であれば賠償額が9になる、といった程度のことでこちらから何も言えなくなるということはありません。

 

民事調停とは簡易裁判所で裁判官や調停委員という第三者を交えて当事者の合意により解決を目指す手続きですので、ご質問のようなご近所トラブルでも利用することができます。
裁判所という場所で法律にも明るい第三者を交えて話合いをするめることで相手方も冷静になるかもしれませんし、当事者同士で解決することが困難なこと、特に今後も関係が続くご近所トラブルの場合に利用する手続きとしてはおすすめです。

 

また調停はあくまでも話し合いにより合意を目指す手続きのため証拠によって事実を証明する必要がなく、ハッキリした証拠がない場合でも主張がしやすいというメリットがあります。もちろん、自分の言い分が正当なものだと裁判官・調停委員に理解してもらうためにはあった方が良いですが。

 

感情的な問題でいきなり双方同席しての話し合いが困難な場合でも、調停委員が個別に双方の主張を聞いて整理したあとに双方同席で話をするといった進め方をすることもありますし、適切な解決ができるよう裁判所が問題を整理してくれます。最終的に合意ができれば調停調書として書面にされ、その内容は確定判決と同様の強制力を持ちます。

 

ただし訴訟と異なり相手方に出席する義務がなく、相手が裁判所からの呼び出しを無視したり話し合いの結果合意をしなくてもペナルティはありません。その場合は弁護士を依頼して慰謝料等の損害賠償請求や違法行為の差し止めと求める、ということになります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございました。相手方の対応にまったく反省が伺えず、こちらも、その都度対応するのに疲れてしまいましたので、まずは調停にて話し合い(慰謝料の請求)をしたいと思います。その際ですが、慰謝料の請求額などは、いくらほどに設定すればよろしい物でしょうか?こちらで自由に設定するものななのか、裁判所の方から妥当な金額を指定していたでけるのでしょうか?
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

いわゆるご近所トラブルの解決を目指す場合、慰謝料をとることよりも今後お互いに約束を守るということを重視します。慰謝料を払うということは自分の非を認めるということですから調停での合意自体難しくなりますし、感情的な対立がより深まることもあります。むしろ今回慰謝料を取ろうとするのではなく、約束を破ったときは損害賠償としていくら支払う、といった合意をすることで相手の行動を抑制した方が今後の生活の平穏にとって有益であろうと思います。

慰謝料請求の具体的な金額はここでお伺いできる事情だけで判断することはできないのですが、訴訟になれば慰謝料を請求する側が証拠で違法行為があった事実を証明しなければなりませんし、証明できたとしてもよほど悪質な行為が繰り返し行われたのでない限り弁護士費用にも満たない金額しかとれないでしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

度々申し訳ありません。ご回答大変参考になりました。


 


当方が危惧している事は、半年後位に主人の転勤先(海外)に2年間程転居する予定でありまして、その間にまた再発してしまうのではないかといった事です。その2年間は、当方の家族に家の面倒を見てもらう事になり(居住してもらいます)、そちらに被害が及ぶ心配があるのです。話し合いだけでの約束事を守ってもらえるかどうか、、。また、すでに双方の感情などは最悪の状態にあり、修復といった事は一切望んでいないのです。また、相手方は知り合った当初より精神的な病気で病院に通われていると仰っ ていましたので、決定打がないと行動の制御が難しいのではないかと思われて仕方がないのです。また、今回話し合いでの解決をしても、お花の代金をこちらが払うのみになりますと(お支払いする気はあります)、相手側が勘違いをしてしまう(嫌がらせを肯定してしまう)のではないかと言う気がしてなりません。せめて、防犯カメラの件だけでも変えていただければ良いのですが。防犯カメラの向きとライトの点灯の調整を約束事に入れる事は出来ますでしょうか。プライバシーの侵害として。相手方の話を聞くだけでも激しい頭痛が起こる次第ですので、早く決着して平穏な生活が送りたいです。愚痴のよう事を並べたてまして大変申し訳ありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

度々申し訳ありません。ご回答大変参考になりました。


 


当方が危惧している事は、半年後位に主人の転勤先(海外)に2年間程転居する予定でありまして、その間にまた再発してしまうのではないかといった事です。その2年間は、当方の家族に家の面倒を見てもらう事になり(居住してもらいます)、そちらに被害が及ぶ心配があるので す。話し合いだけでの約束事を守ってもらえるかどうか、、。また、すでに双方の感情などは最悪の状態にあり、修復といった事は一切望んでいないのです。また、相手方は知り合った当初より精神的な病気で病院に通われていると仰っていましたので、決定打がないと行動の制御が難しいのではないかと思われて仕方がないのです。また、今回話し合いでの解決をしても、お花の代金をこちらが払うのみになりますと(お支払いする気はあります)、相手側が勘違いをしてしまう(嫌がらせを肯定してしまう)のではないかと言う気がしてなりません。せめて、防犯カメラの件だけでも変えていただければ良いのですが。防犯カメラの向きとライトの点灯の調整を約束事に入れる事は出来ますでしょうか。プライバシーの侵害として。相手方の話を聞くだけでも激しい頭痛が起こる次第ですので、早く決着して平穏な生活が送りたいです。愚痴のよう事を並べたてまして大変申し訳ありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

度々申し訳ありません。ご回答大変参考になりました。


 


当方が危惧している事は、半年後位に主人の転勤先(海外)に2年間程転居する予定でありまして、その間にまた再発してしまうのではないかといった事です。その2年間は、当方の家族に家の面倒を見てもらう事になり(居住してもらいます)、そちらに被害が及ぶ心配があるのです。話し合いだけでの約束事を守ってもらえるかどうか、、。また、すでに双方の感情などは 最悪の状態にあり、修復といった事は一切望んでいないのです。また、相手方は知り合った当初より精神的な病気で病院に通われていると仰っていましたので、決定打がないと行動の制御が難しいのではないかと思われて仕方がないのです。また、今回話し合いでの解決をしても、お花の代金をこちらが払うのみになりますと(お支払いする気はあります)、相手側が勘違いをしてしまう(嫌がらせを肯定してしまう)のではないかと言う気がしてなりません。せめて、防犯カメラの件だけでも変えていただければ良いのですが。防犯カメラの向きとライトの点灯の調整を約束事に入れる事は出来ますでしょうか。プライバシーの侵害として。相手方の話を聞くだけでも激しい頭痛が起こる次第ですので、早く決着して平穏な生活が送りたいです。愚痴のよう事を並べたてまして大変申し訳ありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

度々申し訳ありません。ご回答大変参考になりました。


 


当方が危惧している事は、半年後位に主人の転勤先(海外)に2年間程転居する予定でありまして、その間にまた再発してしまうのではないかといった事です。その2年間は、当方の家族に家の面倒を見てもらう事になり(居住してもらいます)、そちらに被害が及ぶ心配があるのです。話し合いだけでの約束事を守ってもらえるかどうか、、。また、すでに双方の感情などは最悪の状態にあり、修復といった事は一切望んでいないのです。また、相手方は知り合った当初より精神的な病気で病院に通われていると仰っ ていましたので、決定打がないと行動の制御が難しいのではないかと思われて仕方がないのです。また、今回話し合いでの解決をしても、お花の代金をこちらが払うのみになりますと(お支払いする気はあります)、相手側が勘違いをしてしまう(嫌がらせを肯定してしまう)のではないかと言う気がしてなりません。せめて、防犯カメラの件だけでも変えていただければ良いのですが。防犯カメラの向きとライトの点灯の調整を約束事に入れる事は出来ますでしょうか。プライバシーの侵害として。相手方の話を聞くだけでも激しい頭痛が起こる次第ですので、早く決着して平穏な生活が送りたいです。愚痴のよう事を並べたてまして大変申し訳ありません。

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
ご心痛お察しします。
ただ隣人とのトラブルで関係の修復を望まない場合、どちらかが転居する以外に解決は難しいでしょう。その意味で半年後に転居することが状況の好転するきっかけになると良いのですが。
関係の修復にはお互いの不干渉という関係になることも含みます。

調停で裁判官や調停委員の説得によって自らの意思で約束するのと、訴訟で敗訴して自らの意思に反していくばくかの慰謝料の支払いを命じられるのでは、まだ前者の方が再発の危険は少ないと思います。
訴訟では証拠が重要ですから勝訴できるとは限らず、万一敗訴すればそれこそ相手は自分の行動を裁判所が認めたという勘違いをしてしまうかもしれません。
調停でダメなら訴訟を、というほうが良いでしょう。

調停では防犯カメラの向きを境界線に対して何℃以上の角度にするとか、ライトのこちら側にシェードをつけて光が届かないようにするといったことも合意に入れたいと言えば良いですし、一方的にお金を払う必要もないのです。
双方に不適切な行為があったことを認めて謝罪するという一文を入れるとか、それ以前の行為は全て不問にするという形なら相手も受け入れやすいと思います。もちろんそれぞれの行為に応じたお金を互いに支払うことを主張するのも自由ですが、合意は難しくなるかもしれません。
相手が一方的に悪いのに……と感情的には納得がいかないかもしれませんが、調停での目的は相手をやっつけることではなくて平穏な生活を取り戻すことにした方が良いと思います。
前者は訴訟になってからでもいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変納得のいく回答が得られました。


 


返答が何回も表示されてしまいまして申し訳ありません。


本日、裁判所にて調停の申し込みをしたいと思います。


 


本当にありがとうございました。

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

お役に立てたようでなによりです。

法律でスッキリと解決するのは困難な問題ですが、無事に平穏が戻ることをお祈りしております。

法律 についての関連する質問