JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

親族のもめごとです。 母の姉所有のマンションに10年、母と私(娘)で住んでおりました。 前住んでいた家は、母と姉

解決済みの質問:

親族のもめごとです。
母の姉所有のマンションに10年、母と私(娘)で住んでおりました。
前住んでいた家は、母と姉の家で、売るさいに相続を二分化しま した。そして、個々にマンションをか購入しましたが、
名義を理由があり母のものにはできませんでした。
とりあえず母の家として、住んでおらました。
しかし、固定資産税はすべて母が払う形になりました。
その後、母が脳梗塞になり、自宅を売りました。
その際も、名義が姉の為、姉の承諾を得て売ったわけですが、贈与税を払った次第です。
普通、固定資産税は、名義人が払うべきものですよね?
それを、理由があり母の名義にできていないマンションの固定資産税を母に払わせていた事に納得がいきません。取り戻す事は、出来ますか⁉
それと、同時にその姉を名誉毀損で訴える事は可能でしょうか?
理由は、ある事、ない事を親族に話し母が脳梗塞で話せない事につけこんで、
母を悪者にしています。おかげで、親族が誰とも母と会わない状態です。
あまりにも、酷いので相談させて頂きました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
●固定資産税の負担について
お姉さんの家にお母さんが居住されていたということですから、本来であれば
家賃を支払うべきだということになりますね。
親族間であれば、家賃はいらないから固定資産税だけは払ってね、という
やり取りは一般によく行われていることです。
従って、お母さんが支払いに(しぶしぶであったとしても)合意して支払ったので
あれば、不当なものということはできません。

●名誉毀損について
名誉毀損というのは、不名誉な事実を不特定多数の人に広められることで、
社会的な信用を失うことを防止することを目的としています。
従って、あることないことを広まっている範囲が何人かの親族に限られるので
あれば、残念ながら対象とならない可能性が高いです。
親族だけではなく、隣近所でも噂になっているというようであれば、名誉毀損
に当たる可能性が高いでしょう。



質問者: 返答済み 5 年 前.
名義をあとで変更するよ。と言われ、母は
固定資産税を払っておりました。結局、名義は変更されませんでした。このような場合でも、固定資産税は取り戻し出来ないんでしょうか?
また、名誉毀損ですが、こなようなケースで訴える事は可能なのでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
最初のご質問で、
>その際も、名義が姉の為、姉の承諾を得て売ったわけですが、贈与税を払った次第です。
と記載されていますが、これは売却されて、そのお金をお母さんが受け取られたということでしょうか?であれば、実質的に約束通り、お母さんが家をもらったと言えるようにおもいますがいかがでしょうか?(間違いがありましたらご指摘下さい。)

法律の定める名誉毀損というのは前回回答のとおりです。噂を広めたという範囲が何人かの親族に限られるのであれば、名誉毀損にはあたりません。

罰する趣旨のものではありませんが、介護負担の調整やや親族関係の修復をされたいということであれば、親族関係調整調停という制度を利用し、裁判所の力を借りながら話し合いの場を設ける制度もありますので、ご検討してみてはいかがでしょうか。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_06/index.html
質問者: 返答済み 5 年 前.
名義変更する約束→まもられず売却。結果、贈与税が発生し支払いました。
名義変更していれば、贈与税は払わなくてよかった。
かつ、固定資産税まで払い、騙されたとしか思えないです。
名義変更する気がないなら初めてから、言うべきですしそれが分かっていたら、固定資産税なんて払わない。
騙されたと思ってならない。
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
名義変更と言われているのは、お姉さんからお母さんへの名義変更ですよね?
この場合、贈与として名義変更した場合はもちろん、遺産分割のやり直しだったとしても、
税法上は贈与にあたります。
従って、いずれにせよ贈与税の対象となります。

※もし理解に間違いがありましたが具体的にご指摘下さい。
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
回答になっていないとの評価をいただきましたが、どの点のご説明が
不足しておりましたでしょうか?
具体的にご指摘頂きたく、よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
名誉毀損にはならないかもですが、本当に酷い屈辱でした。
訴える事は、違った項目でできないか?
また、名義変更は、嘘をついていたわけで、母の父が死んだ時二分化したもの。結局、二つの財産を姉はひとりじめした。

訴えられませんか?
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
●名誉毀損の件
名誉毀損という犯罪には残念ながらなりません。また単に嘘をつくだけであれば、
これも犯罪にはなりませんが、その嘘によって実害が生じたのであれば訴える
ことが可能です。
親族間の人間関係が崩壊したということも、不利益といえるでしょうから、この点
慰謝料請求を行える可能性はあるでしょう。
但し、裁判官という第三者に対して、お姉さんがひどいことをしてきたという事実を
どのような形で証明するのか、が問題になります。

●名義変更の件
遺産分割の話し合いで、約束していた内容の通り実行されていないということですね。
この実行されていない約束について、なにか書面は残っておりますでしょうか?

----
●共通して
民事裁判にしろ刑事裁判にしろ、証拠を中心として検証し、こちらの(または検察の)
主張が事実であることを証明していかなければなりません。
民事裁判は極端な話、書類さえ作れば訴えることはできるわけですが、証拠なしに
訴えをしたところで、相手方が「そんな約束はしていない」といってしまえば、負けて
しまいます。
裁判では、権利を主張する側に証明する責任があり、訴えられた側には
約束をしていないことを証明する義務はないからです。

前者については、具体的に、いつ、誰が誰に対して、どのようなことを言った
ということを積み上げていく必要があります。口頭であればなかなか証明が困難ですが、
例えばその虚偽の話を、親戚に持って行く際に、虚偽の資料を持ってきていてそれが
残っている、ということであれば、裁判の材料にすることができますし、内容によっては
決定的な証拠となる場合もあります。

後者については、遺産分割協議書や念書など、当該約束をした当時に作成した書面
があれば、争っていくだけの価値が出てくるでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問