JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

第三者が特定の住所の住民票の写しを入手する方法を教えて下さい。お金を騙し取られた相手の所在を確認するのが目的ですから

解決済みの質問:

第三者が特定の住所の住民票の写しを入手する方法を教えて下さい。お金を騙し取られた相手の所在を確認するのが目的ですから、委任状などは準備出来ませんし、相手に知られずに入手する事は可能ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

さて、私は法律の専門家ですから、法律的観点から回答いたします。質問者様の状況や考えからいって困難なものもあるかと存じますが、あくまでも当職からの一つのご提案であると思っていただければと存じます。

 また、個別の事情に対応した回答はできず、一般的な法情報の提供や、相談機関の紹介のみになります。ご相談者様にとっては、もの足りない部分もあると思いますが、ご容赦願います。

 ご指摘の通り、 一般の人の場合、他人の住民票・戸籍謄本などを、勝手に取得できません。これを取得するには、依頼者からの委任状が必要になります。

 

 

 加えて、平成20年5月1日から戸籍法及び住民基本台帳法等の改正によって、以前に比べ、司法書士が職務上、戸籍謄本や住民票を取得できる場合が、より厳格になりました。

 もっとも、職務上請求というのがあります。戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書で、依頼者(委任者)に関する戸籍謄本、住民票を取得できる請求書のことです。

 弁護士・司法書士・行政書士は、例えば、相続による所有権移転登記手続き、申請をするために必要な書類である戸籍謄本、除籍謄本や住民票などを職権で取得できる権限を国から認められています。

 

 この認められているという理由は、国家資格登録者であり、業務上の秘密保持の義務が法律上、課せられているからです。

 

>お金を騙し取られた相手の所在を確認するのが目的ですから、委任状などは準備出来ませんし、相手に知られずに入手する事は可能ですか?
 

 上記理由から、可能です。まずは、行政書士に依頼して、相手方に金銭返還を求める内容証明郵便を作成・送付したもらいましょう。その過程で、相手方の住民票を、職権で取得してくれます。

 

 また、 詐欺事件であれば、金額が大きいならば、訴訟を考えるべきでしょう。

弁護士や司法書士にご相談又はご依頼されたいということでしたら、下記相談窓口にご連絡されてみることをお勧めいたします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

 

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問