JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

母が勤務先の社長にお金を貸しているようなのですが、先日その社長が亡くなり、返済してもらえるか心配しています。というの

解決済みの質問:

母が勤務先の社長にお金を貸しているようなのですが、先日その社長が亡くなり、返済してもらえるか心配しています。というのも、社長は母以外にも多くの方から借金をしており、しかも借用書もないというのです。会社の決算書に記載しているので、母は大丈夫だと思っていたらしいのですが、債権があまりにも多く、相手の家族が破産宣告をするのでは?と思っています。私たちに何か手の打ちようはないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
お金を貸したのが社長個人に対してなのか、会社に対してなのかで異なります。

まず個人の場合、借金も相続財産ですから相続人が支払義務を相続するのが原則ですが、相続人は相続を放棄することができます。
放棄されると借金の支払いとしては社長の財産を債権者全員で平等に分けることになりますので、めぼしい財産がなければ返済は受けられません。
放棄しない場合は、相続人に対して返済を求めましょう。

次に会社の場合、社長が亡くなっても会社は存続しますので、今後は会社に請求することになります。
もし会社に財産がなく、今後破産・倒産ということになればやはり返済を受けるのは難しいですね。

どちらにも共通することですが、法律上請求する権利があっても返済する財産があればどうにもなりません。
対策としては他の人、たとえば社長の家族や会社のほかの役員を保証人にしたり、担保の提供を受けることが有効ですが、今からでは難しいでしょう。
本来はお金を貸すときに手を打っておくべきなのです。

借用書が無いことについては、もし相手がお金を借りていないと争う場合にはあなたの側で貸した事を証明しなければなりませんので、不利になります。ただし借用書がなくてもお書きになっているような決算書そのほかの資料や、他の人の証言で証明するという方法は可能です。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問