JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

結婚して20年、19、17、10歳の子供が居ます 主人が9年前に知り合った女性との間に5歳になる子供がいて認知してい

質問者の質問

結婚して20年、19、17、10歳の子供が居ます 主人が9年前に知り合った女性との間に5歳になる子供がいて認知していたことを戸籍をとったときにしり、は じめは戸籍を売ったということでしたが 先日自分自身の実子ということが判明しました
私は離婚する気はありません ただ、相手の女性に会ってほしくないのですが 子供のことを考えると ときどきはあわせてあげなきゃかわいそうかなと思ってしまいます どちらか選択の余地はないかと聞くとできないしか いいません
13年前に二人で立ち上げた会社もかろうじて健在です 何か良い方法はありませんか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

さて、私は法律の専門家ですから、法律的観点から回答いたします。質問者様の状況や考えからいって困難なものもあるかと存じますが、あくまでも当職からの一つのご提案であると思っていただければと存じます。

 また、個別の事情に対応した回答はできず、一般的な法情報の提供や、相談機関の紹介のみになります。ご相談者様にとっては、もの足りない部分もあると思いますが、ご容赦願います。

一般論としましては、個人には行動の自由がありますから、道義上はともかくも、夫に、会わないよう、法律によって強制する、ということは、不可能です。

 もちろん、会わないことを約束させて、約束を破って女性と会った場合には、約束違反で損害賠償請求する、など、間接的に、会わないように強制する、ということは、可能ですが、ご相談者様にとっては、お金の問題ではなさそうですから、この方法は、適していないでしょう。

 夫に、会わないように強制することはできない、となれば、残るのは、相手の女性に対してのアプローチ、ということになります。

 相手の女性に、連絡をとってみるとよいと思います。幸いにも、相手の名前、住所をご存じだからです。

 養育費・生活費・示談金を支払う意思はあること、これ以上夫と会って欲しくないこと、子供のことを考えると ときどきはあわせてあげなきゃかわいそうかなと思っていること、そのようなことを、女性に伝えるとよいと思います。

 13年前にお二人で立ち上げた会社も健在ということですので、できるだけ一括で支払うなど、いい条件にすることを考えられてもよいでしょう。ただ、その場合、ご自分の生活や将来のことも考えて金額や条件を決定してください。

 なお、女性に連絡をする場合ですが、内容証明郵便ということも考えられますが、角が立ちますので、普通の手紙のほうがよいかもしれませんね。

 上記の方法は、もちろん、そううまくいくかわかりませんが、まずは、ご自分の気持ちを相手方の女性に伝えてみれば、相手方がどのように考えているかもわかりましょうから、ご相談者様も、いまの状態から前進することができるように思います。

 以上、拙い回答ではありますが、一助にしていただけたら幸いです。

 

法律 についての関連する質問