JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

前回はありがとうございました。 またよろしくお願いしたくて、質問いたします。 摂食障害の治療のために通った最後の

解決済みの質問:

前回はありがとうございました。
またよろしくお願いしたくて、質問いたします。
摂食障害の治療のために通った最後のメンタルクリニックに行って参りました。先生は診断書を作成してくださ るようです。そこで、キーワードとなる言葉を弁護士さんに伺ってほしいとのことでした。育児には何も支障のないことはもちろんですが、子供と二人で乗り越えることが必要だと言えば親権の心配はいりませんか?強く主張することを教えてください。私としては、一番に親権、二番に面会制限、次に慰謝料、養育費を請求したいです。前回の私の質問を思い返して、よき提案をいただきたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

今回もよろしくお願いします。

育児には支障がないことは、明記してもらうといいでしょう。重要です。
また、可能であれば、回復の見込みがあることも記載してもらいましょう。ずっと治らないようであれば、育児に支障があり(親が満足に食べていないと、子供の食育上もよくありません)、面会制限をすることに期限をつけることに意味はないと思われてしまいます。待てば改善するんだ、ということを相手・調停委員にわかるようにしましょう。

強く主張する方法としては、ご質問に書いてあるとおり、優先順位を伝えることが考えられます。親権だけは譲れません、面会もあと少しだけ待ってください、といったように伝えましょう。
なお親権は母親有利ですから、強気にいってください。

ご質問を受けていて心配なのですが、調停委員に遠慮しているような気がします。
調停委員は、はっきりと要望を言ってもらえた方が、むしろうれしいはずです。いってないことまで察しろと言われても無理な話です。図々しいなどど思われても、相手も図々しいことを言っているのですから、堂々と発言してください。お子さんと質問者様のためです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
主人により自分の自信がなくなり、弱気になって調停員にも遠慮してしまっているのだと思います。。すぐに動揺してしまって。。

親権はほっとしました。主人は今すぐ会えないのであれば争うと言ってますが、気にしなくていいですか?やりかねない人なのです。子供に会えない状況の今、精神的におかしくなっていると訴えてきてます。 私が訴えられませんか?心配です。

優先順位ですが、プラス慰謝料も頭にあると伝えましたが、どのように訴えればいいでしょうか?診断書に書くときに慰謝料が発生すると判断されるためにはどうすればいいでしょうか。無理だとすれば、意味合い込みの養育費増額、財産分与(車に代わるもの) 増額へと話を持っていくにはどうすればいいでしょうか。養育費は彼は三万、私は六万要求してまして、四か五万で次回決まるだろうと言われました。 正直、車は私の親からおまけしてもらっての譲ってもらった購入なので、そのおまけぶんを返してほしい気持ちはあります。

面会制限期間は子供が小学校入学まで(あと四年間)、と強く主張してますが、早く回復したい気持ちも強く、二年間ほどで子供と共に支えあって安定した生活を送りたいとも考えてます。
少しずつ妥協点を出しつつ、というのもわかりますが、お金と子供を天秤にかけて交渉するのはとても難しいです。よろしくお願いします。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
相手が争うおうとする姿勢を止めることはできません。
争われることを恐れて、納得のいかない妥協をしない方がいいです。争うのであれば、堂々と受けて立つべきです。訴えられるということは、別に悪いことではありません。
なお、母親に親権が認められる確率は80~90%程度に至っています。強気にいきましょう。訴えられようが勝てるんだと。

優先順位ですが、優先順位が低いところは伝えない方がいいです。
優先順位が高い点だけを伝えるようにしてください。

養育費は、その金額が妥当なところでしょうね。弁護士がついても、そのあたりに落ち着くように思います。
診断書ですが、あくまで医師は症状のみを記載するので、その症状が発生した原因まで書いてくれるとは限りません。ですから、診断書とは別に、ご自分で原因を主張した方が早いです。もちろん、医師に協力してもらえるようであれば、夫の行為によって発症した可能性ありのような記載がいいでしょう(私は医療の専門家ではないので、詳しくは医師に聞いてください)。

子供とお金は別問題です。天秤にかける必要はありません。
子供(親権)は絶対に譲れない→有利なのだから、絶対に強気にいく。

お金→車も譲れない、といった態度を見せつつ、しょうがないから妥協してあげるというような態度をとる→こうすることで、譲れないことを、譲ってあげたという貸しができる。→養育費だって譲歩したし、車を譲ったのだから、財産分与で少し考慮してほしい、といったように言うといいでしょう。

私に対してのご質問は、おそらく調停のときより、頭の中を整理できているのではないでしょうか。正直申しまして、質問に書かれている説得方法が、とても上手であると感じています。

面会制限については、父親が子供に会う権利は実際に認められている以上、「時間がほしい」というだけでは難しいです。時間があると、具体的にどう解決に向かうのかを説得しましょう。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
なるほどよくわかりました。
調停では、慰謝料請求も考えている、とだけ伝えているのでそれなりに伝わっていると思ってます。なので、財産分与増額に対して配慮してくれるようにもっていけたらいいですね。でも養育費、車は譲るから…だけで説得できますかね?

面会制限のことだけは調停員も私が固くなな態度であると思われているので、しっかりと理由付けできるようにします。それには診断書が鍵になると思うので医師に協力してもらえるように、話をしてみます。
またなにか不安になったら質問します。ありがとうございます。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
>養育費、車は譲るから…だけで説得できますかね?

無理でしょうね。
そこに加えて、生活に毎月これだけかかるとか、具体的な主張を追加しましょう。


調停委員に、かたくなな態度と伝わっているだけでも効果ありですね。
面会の件は、質問者様より相手を説得した方が早そうだと思わせれば勝ちです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
明確な流れがつかめてきました。
逆に、親権が奪われる約2割の理由はなんなのでしょうか?強気でいくために安心をください。

財産分与増額については、具体的主張をします。慰謝料の代わりに、、、とは言う代わりの言葉は他にありますか?ちょっとうまく話せる自信がありません。。

面会は、例え医師が期間を提示したとしても主人が納得しなければ親権を争うといえば争わざるを得ないのでしょうか?調停員が彼を説得してくれることはないのですか?主人は根拠なき自信を持ってるようで、 親権は母親が圧倒的有利であることを承知のはずの調停員だと思うのですが。。私から調停員にうまく伝える方法もありますか?
話がちぐはぐで、細かい視点ですいません。
よろしくお願いします。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
2割のケースは、母親によほどの問題があり、かつ、子供も父親と暮らすことを望んでいる場合だとお考えください。
母親が働けるのに全く働かなかったり、子供に暴力を振るっているなどのケースです。

財産分与についてですが、話し方で結論が変わるものではありません。財産分与は、夫婦共有財産の範囲を明確に定めてから、それを原則として半分に分けるという、法律上の慣行にしたがって行うものです。話し方で、夫婦共有財産でないものを分けてもらえると言ったことはありません。
ただ、それでもうまく運びたいですから、言い方としては「こちらは結婚生活でさんざん苦しめられてきた。それなのに慰謝料を認められないのは、おかしいと思います。どうしても認めないのであれば、財産分与で加味してください。(少々難しい言い回しですが)財産分与には、離婚後の生活扶助の性質もあるはずです。」などといったところでしょうか。


>面会は、例え医師が期間を提示したとしても主人が納得しなければ親権を争うといえば争わざるを得ないのでしょうか?

そういうことです。医師の提示は1つの意見であり、調停委員がそれに拘束されるわけではありませんし、相手もそれに納得してくれるとは限りません。

>主人は根拠なき自信を持ってるようで、 親権は母親が圧倒的有利であることを承知のはずの調停員だと思うのですが。。私から調停員にうまく伝える方法もありますか?

調停は法的な手続きですから、根拠がない自信で押し切れるほど甘くありません。
おっしゃるとおり、親権はよほどの事情がない限り、母親に与えるべきだと調停委員も考えているはずです。
体調のことはあまり強調しない方がいいですね。体調を言いたいのであれば、「今だけ体調が悪いから待ってほしい」という言い方だけではなく「子育てには問題ない」というのも忘れないようにしてください。
お子さんの意向もあるのでしたら、伝えた方がいいでしょう。
親権は、お子さんにとってどちらに親権を与えるのがプラスなのかという点を中心に判断されますから、お子さんにとっては私が大事なんだというようにしてください。結婚生活が続いているときのことなども交えたらいかがでしょうか。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
よく理解できました。ありがとうございます。

親権について、万が一争うことになれば、今の調停の延長で取り決められるのでしょうか?だとすれば、次回、調査官が入るみたいなので、強くアピールしておいたほうがいいですよね?

質問内容がまたずれてしまいますが、婚姻費用請求は申し立てない限りは重要視されませんか?二回の調停で話は出ましたが、定かな金額は曖昧で決まってない状況です。次回までに申し立てをすべきか迷ってます。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そうですね、強くアピールしてください。
それで、調停委員が親権を母親に与えるべきだと思ってくれれば、父親に強く提案してくれます。調停委員よりも法的感覚が優れているかもしれませんから、ぜひアピールしましょう。


婚姻費用についても話し合うことは可能です。おっしゃるとおり、「婚姻費用があいまいなままなので、具体的に話し合いたい」と言った方がいいかもしれませんね。
ただ、1回の調停で話し合える内容に限界があるので、次回はあまり深入りしてくれないかもしれません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問