JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日は、質問にご回答頂きありがとうございました。ご指摘頂いた通り、離婚届の不受理申請を役場に提出致しました。

質問者の質問

先日は、質問にご回答頂きありがとうございました。ご指摘頂いた通り、離婚届の不受理申請を役場に提出致しました。

 先日のご回答で、過去の不貞行為に対する慰謝料の請求が通るのは難しいことは分かりました。

 では、もし離婚となった場合に、過去の不貞行為に起因して5年に渡り受けた精 神的苦痛と、私が考えていた人生設計を狂わせて、人生そのものの希望を奪われてしまったことに対する損害賠償請求はできるのでしょうか?民法710条で訴えることはできるのでしょうか?

 私としては、子供たちのために、そのような事はしたくないのですが、離婚となった場合、そのような法的手段で対立しないといけなくなる状況に追い込まれるから、離婚はしたくない。子供も巻き込みたくない。と、いった理由を主張して、妻を慰留させたいのですが、いかがでしょうか。
私のこの会社にも出れない程、ひどくなった精神的苦痛は法的にはどうしようもないのでしょうか?

 結婚する時期もなかば強要に近い形で妻の意思で早めに決められたにもかかわらず、その数ヵ月後に不貞を働かれ、私を精神的に追い込んで、その上離婚され、大好きな子供達も奪われてしまったら、わたしはこの世を恨んでも恨みきれません。多分、彼女に恨みの全てをぶつけた遺書を残して自殺するつもりでいます。

 私の望みは子供のことは大好きなので、形だけでもいいので、子供が成人するまでは婚姻を続けて、社会に送り出したいと思っています。もう、妻の不貞に対するこれまでの行為は、現在の状況の呼び水になってしまうと、嫌というほど身にしみて分かりましたので、子供たちのために二度とすまいと誓っていますし、妻のことを今は憎む気持ちも持っていないので、生活を再建したら自然と、夫婦の仲も子供たちの世話を通じて回復できるものと信じています。
 
 重ねての質問、恐縮ですが、ご回答をよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

現時点で、離婚届の不受理の届が出せたことによって

相当の時間かせぎが可能となりました。

 まずは、ご相談者様も精神的に安定するよう頑張って下さい。

また、しばらくは、別居で、奥様の方も冷静になっていただいて

義理のお父様に説得を続けていただくことです。

 とは言え、別居の間の、お子様との面接交渉等は

きとんと決めておいて、お子様との関係を絶たないようにすることです。

時効に関しては、相手が時効を援用しなければ、慰謝料の請求は可能です。

時効を援用したとしても、相手のしたことによる精神的な苦痛は続いている訳ですから

話し合いを求めることは可能です。その話し合いの中で、さらに相手に傷つけられれば

再びそこから慰謝料請求の流れもあるかもしれません。

相手方は何ら反省もないでしょうから、そこは追及してみるべきです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございました。精神的に安定するよう、あまり悪く考えないようにして頑張ってみます。また、分からないことがありましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

頑張って下さい。応援しております。

またいつでもお気軽にご相談下さい。

法律 についての関連する質問