JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お忙しいところ、すみません。 お伺いしたいのですが、リコーリースの契約書を紛失してしまい今日電話したら、自分がサイ

解決済みの質問:

お忙しいところ、すみません。
お伺いしたいのですが、リコーリースの契約書を紛失してしまい今日電話したら、自分がサインした面はコピーして送れるけど、約款のコピーは送れないと言われました。
なぜ送れないのですか?
他社のリース会社でも同じですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 確かに、無くされたのは、ご相談者様の不注意もあるかもしれませんが

約款(多分定形の「普通取引約款」のことだと思います)のコピーが送れないと言うのは

後々のことも考えると問題と言えますね。

特にリース契約はトラブルが多いものです。

 考えられるに、リコーリース側(多分支店ですよね)も、契約書は持っていても

約款部分を物理的に保管してないと言うことでしょう。

約款部分は、不特定多数の方を対象にしているので何度も作り変えることも

あり、支店レベルだと以前のものを保管して無い場合も多いのでしょう。

 そう言う場合は、本社にクレームを言って、取り寄せてもらうことです。

一度、本社の方に問い合わせてみて下さい。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

詳しい回答ありがとうございました。

あともう一つ質問があるのですが、自分が組んだリースまたはクレジット(契約書がないのでどちらかわかりません(T_T))は、以前勤めていた社長にいわれるがままに組んでしまいました。その当時、それが名義貸しだということは知らず、その当時書いた契約書は白 紙で、どんな契約なのかも知らされず、社長には確認の電話がくるから、はい、そうですと言っといてくれと言われて、その通りにしてしまいました。そのリースまたはクレジットの支払いは、社長が払っていたのですが、去年になって自宅に6か月滞納されているので、期日までに全額払ってくれとの通知が届き、そんなお金はあるはずもなく、社長にどういう事か問い合わせをしたところ、お金がないから支払っていないといわれました。でも、何とかするからと言って電話を切られ、そうこうしているうちに、今度は自宅にリコーリースから内容証明が送らてて来て、契約違反だから残り全額を一括で払えときました。

驚いた私は、担当者に電話をかけ内容を聞いたところ、担当者は社長が支払いをしていたことは知っており、滞納がたまってきたので、直接本人に通知を出したと言っていました。

サインをしたのは自分だし、支払いをしなければ自分がブラックリストに載ってしまうと言われ、友人たちからお金を借りて、全額ではなく、滞納していた6か月と次の支払い分をまとめて払ってしまいました。しかし結局は、カードも作れない状態になってしまっていて、ブラックになっていました。

それから、色々調べた結果、自分がサインしたリースまたはクレジットは、空リースまたは空クレジットだということを知りました。リコーリースに言われるがままに、銀行引き落としにして、その借金を現在でも払っており、担当者にこの間、支払いが終わっても、4か月間ペナルティーとして同金額を払って下さいと言われました。それと、ペナルティーは銀行引き落としができないので、振り込みでお願いされました。

そもそも、空リース自体が法律違反で、リコーリースの担当者も社長が自分に空リースを組ませた事実を把握しているのに、自分がその支払いをしなければならないのかが疑問ですし、ブラックになってしまったのが特に許せません。

こういった場合は、契約自体を無効にすることとブラックを消す事はできるのでしょうか?

回答をよろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

リースとクレジットは似て非なるものです。

リース契約は、賃貸借契約で、所有権はありません。

また、中途解約ができないのが大きな問題で

例外的に解約する場合でも多額の解約金が必要となります。

クレジット契約は売買契約で、所有権は支払いまではありませんが

支払方法はリスケジュールできる可能性もあります。

所有権があれば売却も可能です。

多分、お話からリース契約だと思われます。

この場合、法人同士の契約の場合は、国民生活センター等には

ご相談はできません。

 経済産業省の中小企業課等にご相談することをお勧めします。

ご相談者様が、社長の代わりに支払ったのであれば求償権がありますので

社長に返還請求しましょう。

 ブラックリストは、業者がすることなので、自治体とかがすることではありませんから

どうにかすることは難しいとも言えます。何年間かリストに残ると言われていますが

詳しくはブラックボックスです。

社長に対して、民事調停や支払督促で対応しましょう。

弁護士の先生にご依頼するのが良いでしょうね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問