JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

母親の扶養に関連した兄弟間のトラブル

解決済みの質問:

母親の扶養に関連した兄弟間のトラブルで、弟の立場から相談します。病気がちな母親と関係性の良い兄(独身)がこれまでずっと同居し、母・兄と不仲の弟(既婚)は、社会人になってから実家を離れて暮らしてきました。弟は長い間、母・兄から経済的・心理的に多くの負荷を掛けられ、支援を強制されてきました。結婚を機に他県に転居してからも、それは続きました。数年前、兄の信用できない(偽?)情報を基にした経済的な支援の要請、母親の今後の扶養に関して話し合おうにも、弟の考えをことごとく否定し自らの意見を述べないで優位に立とうとする態度、母親に刃物を向けられて脅されたこと、それらによって距離をとると、飲酒した上での深夜におよぶ長電話(泣きわめいたり罵倒したりする)、罵倒・中傷するメールを送りつけるなどの行為がエスカレートしたため、自分の生活を守ることを考えた弟は、実家との交わりを絶ちました。それ以外にも、兄は自身が精神障害(医師の診断ではない)であると主張したり、自己判断で薬を服用したり、精神障害に関連した本を読めと押し付けたり、医療機関に受診したくないので家族療法に協力するように言っていたことがあります。


近頃、弟の職場に中傷・誹謗するメールが届いたことから、インターネット上の情報を検索したところ、弟の個人情報(実名、職場、住所等)と誤解に基づいた中傷・誹謗のツイート、2ちゃんねるへの書き込みが確認されました。もちろん兄の実名は書かれていませんが、ハンドルネーム、内容・文体から、その可能性大と考えます。弟の妻についても間接的に言及している記述があり、モラルハラスメントと考えた弟の妻は、警察署に被害届を出す相談に訪れています。弟本人からの親告でないこと、弟に関しても業務妨害などに至っていないことから、今の段階で「名誉棄損」の被害に当たらないのではないかとの意見であり、相談に留まっています。ツイッター、2ちゃんねるの書き込みは、今後証拠としても必要となりますから、印刷し、ファイル保存しておくこととし、今の段階では削除要請はしていません。削除しただけでは、かえって火に油を注ぐようなものだからです。


弟は、今となっては兄との調停は望んでおりません。ネット上の書き込みを止めさせること、扶養の問題を改善することを考えています。つまり、弟が経済的支援をある程度するが、兄の同居する実家に泊まり込んでの母の介護はしない。母の日常生活行動のレベルがかなり低下しているのであれば、兄(ただし、就業状況不明)・弟・弟妻の仕事を考慮し、施設入所もやむを得ないことに同意させたい などです。これらを兄と対峙せず、第三者を通じて徹底したいと考えますが、どのような手順で進めるのが良いでしょうか。ご相談します。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りの状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、お母様の扶養の問題と、お兄様の名誉棄損罪の問題は

分けて解決しないといけないかもしれません。

 基本的に、お母様ですから扶養の義務はご相談者様にもあると思いますが

当然、お兄様にもあります。お兄様が詐病で支援を求めるのは

不当利得請求ですから、これまでも支援していらっしゃるのであれば

不当利得返還請求をすべきです。

 それによっての交渉で、今後要求しないのであれば、返還要求はしないと

しても良いでしょう。

 お母様が、認知症等に少しなっているようであれば、財産等の管理も含めて

成年後見制度をご利用下さい。

成年後見制度は、家庭裁判所に許可申請をしますが、司法書士か弁護士の先生等

専門家に、ご依頼した方が良いでしょう。

 それと名誉棄損罪に関しては、相手がお兄様と特定できているのであれば

内容証明等で、不法行為による慰謝料請求をされるのも手ですね。

警察に告訴しても、不起訴処分で終わる可能性も高いのです。

民事調停や、民事訴訟で争った方が良いのもしれません。

まずは、調停を申立てて、ご相談者様の本気度を示しても良いかもしれません。

相手は、嫌がらせ程度の軽い発想なのかもしれませんが、これはけじめをつけないと

いけません。

 お兄様との直接交渉はされたくないと言うお話ですので

そうなると、代理交渉が認められているのは弁護士の先生だけですから

例えば、刑事事件の案件にお詳しい先生にご依頼されると良いでしょう。

 法テラスか、都道府県弁護士会か、市役所の無料相談の弁護士の先生に

ご紹介していただくと良いですね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

名誉棄損のレベルについて、もう少しお聞かせください。本人が不愉快になり、仕事も手につかなくなるのでは不十分でしょうか。

なお、この書き込みが相手にどのような影響を与えているのかを知らしめたいと思いますが、経済的に困窮している可能性があり、慰謝料を欲してはいません。関わりたくないというのが本音ですが、本気度を示す意味で、刑事に当たる名誉棄損のレベルを知りたいと存じます。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、名誉棄損罪の場合、芸能人が雑誌社などに

芸能人の好感度が下がることを書かれたりした場合や

 いろいろな業界の著名人が、誹謗中傷されたり

レストランなどが営業に支障をきたすようなことを書かれた場合で

公益性の無い不特定多数への開示(公然と事実を適示しとあります)があれば

成立すると言えます。

 つまりは、名誉棄損罪で裁判で訴える方は、ある程度、世間に名前が知れた方で

それによって損失を被った方が訴えるようです。経済的な損失が多いようです。

名誉棄損罪は、3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金です。

結構重たいとも言えます。

民事訴訟で、不法行為による慰謝料請求では100万円ぐらいから始まるようです。

ただ、今回のような身内の喧嘩の延長のようなものだと10万円程度かもしれません。

 名誉棄損罪は、余程のことでないと警察は動かないと思います。

特にネット上の問題は、なかなか動かないのが現状のようです。

 よく言われるのが、有名なストーカー殺人事件も、最初は中傷ビラなどまかれて何度も名誉棄損で

警察に行ってもとりあってもらえず、殺人事件になってやっと動いたと言うことも

あります。

調停自体は数千円ですから、調停委員の方のアドバイスを受けながら

交渉をしていくのが良いと思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問