JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

3年前から約4年間在籍していた息子の「少年野球チーム」に対して、少額訴訟をしたいと考えております。同チームは、毎月団費を3,000円、父母会

質問者の質問

3年前から約4年間在籍していた息子の「少年野球チーム」に対して、少額訴訟をしたいと考えております。同チームは、毎月団費を3,000円、父母会費を1,,000円徴収されておりました。 1.オーナーのチーム運営姿勢(熱意)が伝わってこない。  2.技術的な指導者は、数名いるうちの少数。過去からチーム指導に携わっている人はほとんど皆無。自分の子供が卒団と同時に引退。なぜ、引継ぎができていないのかは、ここ数年の疑問で闇の中です。
 現在、財政は潤っているようですが、過去2年間は、緊縮財政で苦慮していたのにもかかわらず、この格差はどこから生まれてきたのでしょうか?「自分達の年代が良ければいい。」というのは 息子の入団当時から、理解できませんでしたうえ、家族が精神的苦痛を強いられた時期もありましたので、今となっても妥協することができません。

息子の他チームへの移籍を申し出たところ、「連盟の規約で 1年間は公式試合に出れませんよ!」と脅しに近い言葉を浴びせられましたで、仕方なく残留しましたが、未だに腑に落ちずかなり遺恨があります。
私にもっと、その当時に強い気持ちがあって、色々と行動すれば良かったのですが、諦めてしまったことにより、息子の人生を変えられてしまったのではないかと思います。(後日、そのような連盟規約はあるが、本人の強い希望や止むを得ない事情がある場合、その限りではなかったとの謝罪がありましたが。)
 私個人的にも、納得がいきませんので「少額訴訟制度」 を活用させていただきたいと思うのですが、いかがなものでしょうか? 団費の返還請求をしたいと考えております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

本件で、団費の返還請求は認められません。
結局は当該野球チームには所属していたわけで、団費を納める義務はあったといえるためです。

訴訟にかこつけるのであれば、
精神的苦痛を与えられたことをもって慰謝料請求なさった方が現実的です。
精神的苦痛を与える原因となった行為を示す証拠、どのような精神的苦痛を被ったのかを示す証拠、それらの因果関係を立証すればいいでしょう。
なお、3年で時効ですので、ご注意ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 なぜ、球団関係者からの脅迫のような移籍阻止をされ、仕方なしに我慢して残留せざるを得ない状況に追い込まれたのに「義務」が生じるのか理解ができません。当人たちの謝罪すらないまま、我慢して卒団しましたがこのような運営を放任しておいていいのでしょうか?理解に苦しみます。

 また、証拠といえども録音などしておりませんし、「数年前のことで忘れてしまった」ととぼけられれば、なにも手立てがありません。遠回しに勝ち目なしということですか。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
それでしたら、その団体を辞めればよかったわけですし、団体に所属しておきながら団費を納めないということになってしまいます。民法上、強迫取り消しというものはありますが、本件ではそれを主張できるほどの程度には至っておりません。

謝罪とかそういったことは、感情的な問題ですから、金銭の支払い義務とは切り離してください。運営を放任とか、そういったことは法律問題ではありませんから、話し合って解決するべき問題です。
法律問題と感情の問題を混同されています。

証拠がなければ勝てません。裁判は口でうまく説明した方が勝ちというものではなく、証拠を積み重ねて自身の主張を正当化した者が勝つようになっています。
相手が「忘れた」といった場合に、手立てがないのでしたら、勝訴の見込みはありません。

法律 についての関連する質問