JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

プライバシーの侵害が法的に成立するための要件とはどんなものでしょうか。

解決済みの質問:

プライバシーの侵害が法的に成立するための要件とはどんなものでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
プライバシー侵害の法的な要件としては、次のとおりです。


(1)私生活の事実または、事実らしいと受け取られる情報であること
(2)一般的に本人の判断からして、公開して欲しくない情報であること
(3)一般の方には、まだ知られていない情報であること。

これらを、本人の許可無くして公開したことが要件となります(東京地裁昭和39.9.28)

この他、本人の氏名・住所・電話番号など個人を特定する情報なども、プライバシー権の一部として、保護対象になっているようです(東京地裁平15.9.12、平13.4.11、平14.1.16)。
質問者: 返答済み 5 年 前.
相手は50歳を越えている息子。亡妻の「記念誌」自費本に亡妻が息子と交わした話を載せている箇所があります。そういう箇所を除けば「記念誌」自費本が成立しません。そんな母と子との音楽談義、教育方針などに関するエピソードを掲載することがプライバシー侵害になり、損害賠償の対象になりますか。息子と父親が争った場合の展望はどうなりますか。(これは無料トライアルとありましたので、使わせていがだきました。料金が発生するとしますと、それはd何故ですか。そしていかほどになりますか)。
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
先日の、記念誌の方ですね。これは、息子さんからの解釈なので、それがそのまま当てはまるかどうかは、此方でも何とも言えませんが、「公開して欲しくない 情報」を公開したからということではないでしょうか?

このお話だけ伺った限りでは、損害賠償を認められる余地は、ないと思われますが、裁判で争われた場合には、裁判所の判断になりますね。

>>無料トライアルとありましたので、使わせていがだきました。料金が発生するとしますと、それはd何故ですか。そしていかほどになりますか?

すみません、こちらでは法的な回答を差し上げるところですので、こちらではお答えのしようがありません。ジャストアンサーへお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いします。
kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問