JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

精神疾患に主人がなってしまった事をきっかけに 平穏な日常生活を過ごせなくなり 今回離婚の話し合いを進めています。

解決済みの質問:

精神疾患に主人がなってしまった事をきっかけに 平穏な日常生活を過ごせなくなり 今回離婚の話し合いを進めています。

離婚に際して 慰謝料は支払能力が無いので私が譲歩して0円 
養育費に関しても病気もあるし無職となるので払う事が出来ないと言われました。
将来社会復帰が出来れば支払う事も出来ると言ってますがまったく保障された約束ではないです。

今あるのは 二人の貯蓄500万円とマンションの残債2900万円です。
貯蓄に関しては 全てが主人名義で 全額主人が管理をしています。


二人の子供の親権をはじめ子供にかかわる権利は全て私が得る事になっています。
まだ小学生の子供の今後の教育費も支払う能力が無いという事で全て私に委ねるつもりでいる様です。

マンションは現在売却活動に入っていますが なかなか売れず 今の売り出し価格で売れた場合黒字になりそうですが このまま売れなかった場合売却価格を下げる事になると思います。主人は 売却価格が残債を下回るような事があれば 二人の貯蓄から穴埋めをして 残ったお金を財産分与すると希望している様です。

主人名義のマンションで連帯保証人なしの主人の一人ローンの状態です。
私としては 今後の子供にかかるお金を一切面倒見ることが出来ないのだから
マンションに関しては 主人と主人の実家で処理してもらいたいと申し出ました。
そして 財産分与に関しては今ある財産を4分割した3人分375万は最低でも頂くつもりだと申し出ました。

双方が合意すれば 問題ないと思いますが・・・・
 
私からの 子供のこれからのお金を負担しないのならマンションの処理に関しては私は関与せず主人と主人の実家で何とかしてもらいたいと言う申し出と 財産分与に関しての申し出は
常識的 法律的には何か問題があるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

>双方が合意すれば 問題ないと思いますが・・・・
 この点は、その通りです。

 合意ができなければ、離婚調停をし、そこで譲歩をし合い、落としどころを決めることになるでしょう。

 協議でもそうですが、譲歩を前提として、最初の条件を呈示しますから、ご自分で、「すこし高いかも・・」と思うくらいがちょうどよいです。法律論というよりは、交渉のセオリーかもしれません。

 できれば一括で現金で支払ってほしい、というのも、この範疇でしょう。

 ただ、あくまで一般論としてですが、一言もうしあげますと、回復の見込みのない強度の精神病 は、離婚原因にはなりえますが、、慰謝料請求の原因にはなりません。

 精神病にかかるということは、本人には責任がないことだからです。

>離婚に際して 慰謝料は支払能力が無いので私が譲歩して0円

ですので、「私が譲歩して」とありますが、法律的には、譲歩にはなりませんので、この点を、相手方は主張するかも知れませんね。

 ただ、いずれにしても、相手方の状況を考えて金銭請求の額を決めようとするお気持ちはお持ちのようなので、その感覚で、「自分のこれからの生活を守る気持ち」と「相手方のこれからの生活への配慮」とのバランスで、金額や条件をきめていかれればよいと思います。

 実際に弁護士にご相談又はご依頼されたいということでしたら、下記相談窓口にご連絡されてみることをお勧めいたします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問