JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

度々利用させていただいております。大手IT企業の資材部から「業務委託契約」を結んで同社ロジスティクス本部のパーツセン

解決済みの質問:

度々利用させていただいております。大手IT企業の資材部から「業務委託契約」を結んで同社ロジスティクス本部のパーツセンターに常駐している会社の社員です。

先日、委託元企業側から「セキュリティ工事のために休憩室を撤去する代わりに、会議室の
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.
お世話になります。労働問題担当の社会保険労務士です。

ご相談が途中で途切れてしまっておられるようです。ご相談内容をご返信いただけますでしょうか。お手数をおかけしまして恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

失礼いたしました。切れてしまったようですので、再度書き込みさせて頂きます。

 

先日、委託元企業側から「セキュリティ工事のために休憩室を撤去する代わりに、会議室の一部と事 務所の一部を休憩スペースとしていつでも利用してくださいとの通達がありました。ある日自社の社員が会議室内の休憩スペースを利用するため入室すると、隣接している応接スペースで委託元企業の本部長代理という方と、同じくパーツセンター長が打ち合わせをしており、自社社員は隣の休憩スペースで休憩しました。その時は両者の間に何もなく、打ち合わせをしている委託元企業の方から自社の社員に対しても何もなかったのですが、後になって自社の責任者にクレームが入りました。その内容は、

 

「何を考えているのか?普通客先の偉い人が打ち合わせをしているところに平気で入ってくるなどということはしないものだ。社会人としてのマナーが出来ていない」「空気が読めないのか、常識がない、信じられない」というものでした。そのほかにも、「服装がだらしない」「言葉遣いが悪い」「仕事に対する真剣さがない」など、本来の趣旨に全く関係ない誹謗中傷があり、最後に「こんなくうきの読めないことでは困る、今度こんなことがれば、契約解除もありうる」という強迫めいたコメントがありました。

 

ちなみにこのクレームをしてきた方は自社との契約にかかる部門の方でも、また契約の担当者でもありません。このようなクレームというのは、いわゆる「下請けいじめ」には当たらないのでしょうか?また実際に、委託元が提供するという休憩スペースに休憩のために滞在する場合に、たまたま打ち合わせが行われていたことで、「空気が読めない」ということで

契約を解除するに足る十分な要件となってしまうものなのでしょうか?

 

また、今回のセキュリティ工事にからんで、倉庫内での一切の飲食が禁止されました。前途のようにky

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません、また途中で切れてしまいましたので、続きを書きます。

 

倉庫内での飲食が一切禁止されました。休憩スペースは用意されていますし、また暑い時の水分補給などについてはまず自社がその弁を図る事が必須ではあるとは思いますが、もし作業が忙しく、休憩スペースに行く暇がなく、庫内で飲食が出来ないために熱中症等により倒れてしまったばあい、休憩室を撤去した委託元企業に責任は生じないのでしょうか?またこれは仮眠室についても同じで、撤去されてしまったために、夜勤者は仮眠できない状

況になってしまいました。これについても、やはり責任は自社だけなのでしょうか?

 

よろしくご回答お願い申し上げます。都度都度切れてしまい、申し訳ございません。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

文が途中で切れてしまっているようですが、おうかがいした部分まで回答させていただきたいと思います。

労働者派遣法40条にて、

「派遣先は、適切な就業環境の維持、施設の利用等(休憩所、給食施設等)便宜の供与等必要な措置を講ずるように努めなければならない」

という定めがあります。ただこの条文は努力義務であって罰則がないため、休憩所を十分に提供しなかったことをもって実際の罰則を与えることは困難です。

この条文に抵触する行為だと思われます。

契約を解除するに足る要件ではありません。「下請けいじめ」ということも言えるでしょう。

ただしどこに外注に出すかはその会社の自由ですので、現実問題としては元請のご機嫌を取らなければならないのはやむを得ないでしょう。

会社間の契約に関する問題ですので、

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

追加でご返信いただいていたのに、申し訳ございません。

万が一事故が起こった場合の責任は自社だけでなく、委託元にも生じます。ただし自社が配慮するのがまずは大前提ですので、自社が委託元に働きかけてその結果委託元がどう対応するか、によって責任の割合が変わってきます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

予想通りというか、やはり自分の身は自分で守るしかないということになりますね。今回の休憩スペースの件についてはどう考えてもこちら側に非のない話ですので、現場の勤務者たちの間では相当に委託元に対する不信感が募っており、無理とは思いつつも何か手立てはないものかと思いお伺いしてみました。

 

所で、今一つはっきり理解できないでいることがあるので加えてお教え頂きたいのですが、そもそも、「委託」「業務委託」「派遣」とはちがうものなのでしょうか?教えて下さい。宜しくお願いします。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.
ご返信、ありがとうございます。
委託と業務委託は同じ意味です。業務の内容に同意して受託し、自社の管理監督下で業務を行うものです。つまり、委託先の監督下で業務を行うのではなく、委託先の要望に沿って自社の権限で業務を行います。
派遣は、自社の労働者を派遣して、派遣先の監督下で業務を行わせる形態です。つまり、派遣先の指揮命令(監督下)により労働する、というものです。
sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問