JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

甥に与えた携帯電話にまつわる経緯について

質問者の質問

ここでお尋ねするのが適当なのかどうか分かりませんが… お願いします。 甥に与えた携帯電話にまつわる経緯について、質問します。 甥というのは弟の息子なのですが、弟夫婦が数年前に離婚し、親権が母親にあることから、私とは疎遠になっていました。とは言え、自分にとっては非常に可愛い甥で、最近期せずして会うことが出来たので、いつでも連絡が取れるようにと、携帯電話を貸し与えました。貸すという表現にしたのは、使用料等も私が払うつもりで、私と連絡を取る以外の用途に使っても干渉しないつもりでいるからです。 弟も喜んでくれ、離婚時に決めた面会機会以外にも連絡が取れるようになるねと賛同してくれてました。 私の方も、一応モノがモノなので、元妹の連絡先を弟から聞き、「甘やかしになるかも知れないが、容認して欲しい」と予め報告をしておきました。 しかし、それに対する返事が、「持たせることは出来ない。送り返すから、送付先を教えて欲しい」とだけ連絡してきて、その理由を言おうとしません。弟から詳細を聞くと、最近再婚を前提に付き合い始めた男性がいて、父親=弟との連絡も、面会日を決める以外受付けない。息子と連絡することも出来ないとの事でした。 その経緯を知った上で、「子供に携帯電話を持たせない理由にならないし、そういう事なら、今まで以上に父親が恋しくなるのが子供の心情だろう?自由に携帯電話を使わせなさい。何が問題なのか?」と問いただすと、無視を決め込みます。やっと返事が返ってきたと思ったら、「警察にも弁護士にも相談した上で、無視をするのが最上の手段と指導された」と訳の分からない内容でした。 別れた大人がそれぞれに再婚しようが勝手だとは思いますが… そこで2点質問させてください。 ○ 離婚時に決めた日以外に子供と公に会えないというのは、理解できなくもないですが、それ以外の日に連絡を取ることすら出来ないものなのか?連絡するのを、いちいち親権者であることを楯にとって、制限することが出来るのか?私には、元妹がやっていることは、息子へのDVにしか見えません。贔屓目なしに、息子はお父ちゃん子です。以前は折に触れて、母親の携帯からですが、メールを自由に遣り取りしていました。息子への緊縛が増したのは、再婚相手が現れてからとの事です。 ○ 本来の使用目的を果たせなくなった携帯電話について、私は損害賠償を請求することは出来ますか?これはあくまでオマケです。 以上、宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
1 DVか

離婚の際に定めた条件次第ですが、離婚の際に決めた日以外に連絡を取ることは自由です。
特に、本件では甥が望んでいるようですので、その判断は尊重されます。
他方で、親権者は子の養育に関し、広範な裁量を有しておりますので、親権者の判断も重視されることには違いありません。
甥がまだ小学生程度の年齢で、自身の行動の判別がつかないような時期である場合には、親権者の判断を誤っているとは言えませんが、甥が中学生程度の年齢に達しており、甥が連絡を取りたがっているのに、それを親の都合だけで制限するのは、親権の濫用となりうるでしょう。
「警察にも弁護士にも相談した」というのは、おそらくウソですね。警察が介入するような問題ではありません。弁護士も、無視をアドバイスするという性質の問題でもありません。

ただし、親権の濫用があったとしても、濫用の程度が著しいとはいえず、裁判所に親権の停止などを求めることはできません。

2 損害賠償請求

できません。
こちらが任意で与えたものであり、騙されたですとか、約束を守られなかったといった事情がありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

jo-ban様
早速にご回答いただき、誠にありがとうございます。
ちょっとビックリしました。

重ねての質問になりますが、宜しくお願いします。

甥は間違いなく望んでいますし、本人の意思も聞いています。
欲しがらないモノを与えるほど、勘違いしてないつもりです。

甥は小学4年(だったと思います)です。幼いと親権者の判断が誤ってないとされるのが通例という解釈で良いでしょうか?
追い足しの情報で申し訳ありませんが…
再婚話が明らかになったのが、甥の書いた父親との交換日記からで、その時から日記を書くのも制限されているという状況を、甥の口から聞いています。また、面談日からの帰宅時に持ち物検査までされるようになったらしいです。DVと過激な表現をしたのも、それを聞かされていたからでした。

私が与えた携帯が使われることなく、またもや不通になったのを受けて、弟も別に携帯電話を隠し与えたようです。それも、その持ち物検査で取り上げられました。
望まないモノを隠し持って帰る事はしないですよね?
面談日の翌々日くらいに「金品を与えるのはご遠慮ください」と勝ち誇ったようなメールが来たらしいです。

すでに親権の濫用になりませんか?

私は、親権を争っても良いと思っています。
再婚相手を新しい父親として馴染ませたいのでしょうが、やり方がオカシ過ぎると思うのが、変でしょうか?

 

損害賠償も、与えた相手が甥であり、親権者とは言え、それを彼女が取り上げるというのは別問題ではないか?と考えた次第です。使用法について、教育するのは当然だと思いますが。

 

ついでに申し上げるなら、「金品をご遠慮願います」と言いながら、現金は礼も言わず、受け取っています。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
幼ければ幼いほど、親権者の判断が優先されます。
小学校4年生ですと、まだ幼く親権者の判断が優先される年齢かと思います。
ご質問の解釈で構いません。

もちろん、行き過ぎであれば、親権の濫用です。
交換日記の制限は、やりすぎのように思います。

携帯電話については、「変なゲームでもやられたら困る」といった弁解が立ってしまい、
買い与えない一事をもって、親権の濫用とは言いがたいです。

親権の濫用で、親権を停止したり、剥奪するためには、もっと苛烈な行為が必要です。
暴力、育児放棄などがないと認められにくいです。
親権者変更の調停申し立てをなさった方が現実的です。

損害賠償については、そのような事情があっても、認められません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問