JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

こんにちははじめまして日本の会社より 海外現地法人に社長として出向しております海外手当てとして 日本

質問者の質問

こんにちは はじめまして 日本の会社より 海外現地法人に社長として出向しております 海外手当てとして 日本本社側とは 例えば30万円としておりましたが 現地合弁先(51%出資)会長より 利益を出しているのだから 税金として払うより 当方の手当てを 10万円増やしてよいと言われましたが これは横領となるのでしょうか?
また 現在 帰国命令があり 日本に帰国しましたが 上記の調査と思われます(言われてはいませんが)自宅待機となっておりますその待機中に 退職届けを提出し 辞職する事は可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

まず退職の自由に関しては、民法627条で「退職の申し出があってから2週間で退職できる」とされています。退職をご希望でしたら、退職届を内容証明郵便で会社に郵送する、という手段も取れます。

受理するか、保留として懲戒処分にしてくるかは会社の対応次第ですが、内容証明郵便で提出しておけば2週間以内に会社から何らかのアクションがなければ、そのまま退職となります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
こんにちは はじめまして 日本の会社より 海外現地法人に社長として出向しております 海外手当てとして 日本本社側とは 例えば30万円としておりましたが 現地合弁先(51%出資)会長より 利益を出しているのだから 税金として払うより 当方の手当てを 10万円増やしてよいと言われましたが これは横領となるのでしょうか?

本質問はいかがでしょうか?
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

言質合弁先会長の裁量(指示)で増額支給されていたのであれば、その会長の責任で行った行為ですので、ご相談者様が横領に問われるのはおかしな話になります。

その会長の発言が指示なのか、提案なのか、その違いによって変わってきます。指示であれば会長指示が横領のはずはありません。

提案止まりの話を、「会長がこう言っていたから」と独断で会社から支給させたら横領に問われる可能性もあるでしょう。

詳細がわからないので確たることは言えませんが、会長が「10万円増やしてよい」と言った証拠を示せれば横領にはあたらない事を主張できます。

法律 についての関連する質問