JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

主人42歳 私41歳 長男10歳長女8歳の4人家族です。 今年の2月2日から主人とは別居中で 主人と協議離婚の

解決済みの質問:

主人42歳 私41歳 長男10歳長女8歳の4人家族です。

今年の2月2日から主人とは別居中で 主人と協議離婚の話がまとまりつつあります。
主人は精神疾患を患い昨年9月から休職中 繰り返す自殺未遂で平穏な日常生活を過ごせなくなり 2月2日から主人の 実家で預かってもらう形で別居になりました。

現在 主人名義のマンションに 私と子供二人が住んでいます。
マンションは8年前に購入し 現在残債が2900万です。
主人は現在月収は0円。年金と保険でマイナス10万円の給与明細です。
傷病手当が支給されておりマイナス10万を差し引くと実質収入が月20万ちょっと
現在我が家の総貯蓄額が500万程度らしいです。
マンションのローンが今後支払う見込みが無いので
現在不動産に介入してもらい売買活動中です。

別居に至るまで家計に関するお金の管理は全て主人が行っており
私の扶養範囲内で働いている給与もほぼ全額主人が管理しております。
別居後は 我が家の貯金は今まで通り主人が管理しており
私の給与は主人に渡さず万が一の為 プールしています。
別居中の住宅ローン 生活費は 主人から出してもらっています。
実質私が支払う経費は子供のお稽古代くらいです。

前置きが長くなりましたが 本日別居中の主人と離婚についての話し合いをしました。
離婚条件に関してはほぼ私の要求を呑んでくれることになりました。
残る問題はマンション
なかなか売れずに 貯蓄がローンのために毎月減っていく状況です。
主人としては 離婚の意思があり 離婚に同意した私が
主人名義のマンションに住み続け なおかつ生活費ももらっているという現状に
不満があるようです。
マンションをより売り安く有利な状況にする為に 8月末ごろまで退去してもらいたいと
申し出がありました。
私としては 子供の学年末までの3月までここに残りたい希望を提示し
今日の話し合いでは はっきりとした退去の日取りを決めずに終了しました。

貯蓄も少なく 主人は無職同然。
マンションが早期に売れれば問題は解決ですが
売れなければ自己破産もと考えているようです。
ローンは主人の名義で私は保証人にもなっていません。
主人の実家もお金が無いようです。

離婚条件を話し合う際にも 慰謝料は払えない 今は養育費なども払う能力が無いが
病気が改善ししっかりと仕事が出来るようになれば 分相応の養育費を払うと約束はしてくれました

主人の主張としては
自分名義のマンションに離婚する嫁と子供が住んでいる
なおかつ生活費も渡している
もうこれ以上無職の自分にすがるのはやめて欲しいと言ってますが・・・

早期に離婚が完了した場合
私は他人になってしまいます。子供の親権も私がもらうことになりました。
離婚した後も 子供の学校にあわせて年度末までここに住み続けることは可能ですか?
やはり主人名義のマンションですから マンションの名義人の指示に従う必要がありますか?

ちなみに離婚の際 慰謝料・養育費は支払えないと主張する主人は
マンションの残債が残った場合 お互いに折半しようと言う申し出はありません。

取り留めの無い内容になり申し訳ありませんが
ご教授いただけるとうれしいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
>>離婚した後も 子供の学校にあわせて年度末までここに住み 続けることは可能ですか?

ご主人の意向としては。今年の8月末までには退去して欲しいとのことですね。この部分については、最後は話し合いになると思いますが、可能ではないか?と思います。やはりお子さんの学区の関係もありますので、希望を強く押し出せば、仮に調停になった時でも、有利かと存じます。

あとは、ご主人がいつ仕事の再開ができるかというところにかかってきます。不確定要素が多岐にわたりますので、なかなか予測のつきづらいところではありますが、今回の合意事項について、きちんと書面に付しておいたほうがいいでしょう。

マンションのローンについては、ご自身は保証人になっていないということですから、仮に任意売却ができて、残債が残っても、ご主人のローン名義ですから、ご主人の負担になります。
kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問