JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

41歳女性です。42歳の夫と離婚を考えており今別居中です。 貯蓄は主人名義で全て主人が管理しており 別居中も生活費

解決済みの質問:

41歳女性です。42歳の夫と離婚を考えており今別居中です。
貯蓄は主人名義で全て主人が管理しており 別居中も生活費を請求し送金してもらっています。

今主人は精神疾患により休職中で今後復職の見込みは無く 年収が減る事になります。
主人名義のマンションを所有しており 主人一人名義で住宅ローンを組んでます。
現在残債が2900万です。

売買活動に入っ ていますがなかなか売れず 少しずつ貯金を使っている状態で
この状態が長引き貯蓄が底を付いたら 自己破産するつもりだと主人は考えています。

私は自己破産する前に離婚を成立させ 今の貯蓄を財産として分与して貰いたいと考えていますが 受け入れてくれません。

明日 4ヶ月ぶりに主人と主人の父と会って 今後の話し合いをする予定です。
明日の件で メールをした所 いつでも自己破産出来るように準備を進めており 必要書類として私のパート給与の直近3ヶ月の明細を提出して欲しいと言われました。
主人の扶養範囲でのパートですが 全財産を主人が持ったまま別居している為
私としては幾らパートで稼いでいるかは主人には話していません。
離婚後の軍資金として必要なお金です。

離婚に関して 私個人で弁護士の先生に現在色々相談させてもらい
明日の話し合い次第で調停に申し立てする準備を進めています。

相談している弁護士の先生によると 主人名義のマンションで主人一人ローンの残債に関しての自己破産を主人が行う場合 私や子供には一切関係ないと教えていただいて居ましたので
私の給与明細の提示を今夜になって突然申し出てこられ 相談している弁護士事務所は既に閉まっているし どう対応して良いのかと困っています。

主人が個人で自己破産する場合でも 婚姻関係にあれば 私の給与などは関係あるんでしょうか?明日主人に明細の提示を断っても問題は無いでしょうか?

長くなりましたがよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りの状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 ご相談者様は、既に離婚をお考えと言うことですが、ご主人様もご同意されて

いますでしょうか?

 合意されていても、財産分与で合意ができずに争っていると言うことでしょうか。

もしそうであれば、家庭裁判所の離婚調停がよろしいのかもしれません。

ただし、時間は半年はかかるケースが多いですね。

調停の場合は、弁護士の先生にご依頼しなくても当事者同士で調停委員の方を

挟んでの話し合いで、慰謝料以外は、養育費(婚姻費用)、財産分与は

結論ありきで進むことも多いようです。

 問題となっているのは不動産のローンのようですが、ご主人様の名義になって

いても、基本は共有財産ですから、勝手なことはできません。

それと、ローン名義人はご主人様かもしれませんが

ご相談者様が連帯保証人になっていることはございませんか。

ローン残の不動産がある離婚で多いトラブルは連帯保証人が簡単に外せないと

言うことです。

 最近は、自己破産と言うのはよっぽどのことで、普通は個人の民事再生手続きで

不動産を守ることが多いのです。

 また、現在、別居中と言うことですが、夫婦関係が破綻した離婚前提の別居の場合

別居中の財産は、固有の財産となり分与しなくても良いと言う考え方もあります。

 それと、おっしゃる通り、ご主人様の自己破産とご相談者様やお子様は何ら

かかわりはありません。

 ご主人様の借金の連帯保証人になっていなければ何ら問題はありません。

考えられるに、ご相談者様の現在の給与の状況を知って婚姻費用などの

減額を申立てようと言う作戦かもしれません。

また、自己破産すると、手持ち現金を制限されてしまいます。

本気で自己破産をするおつもりがあるのでしょうか。

 離婚理由によっては、慰謝料代わりに、不動産の権利をもらうなど

できるでしょうが、すぐに自己破産しないといけないと言うことでも

ないでしょうから、調停まで様子を見てもらうのも手でしょう。

給与明細は、使用目的がわからないのに教える必要はないでしょう。

調停の中で明らかにするとすれば良いでしょう。

話し合いでは、自己破産をしない方向性で離婚できるように考えて

いかれると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問