JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話様になります。よろしくお願いします。 土地の名義書換に関するご相談です。既に死亡している義理の叔父名義の狭い

解決済みの質問:

お世話様になります。よろしくお願いします。
土地の名義書換に関するご相談です。既に 死亡している義理の叔父名義の狭い土地があり、この土地を実の子に名義書換をすべく、私たちにその書類提出依頼がありました。
この実の子は、先妻の子です。且つ、現在一人だけ生存しています。(先妻はこの子を含めて2人出産、ほかの実の子も既に死亡しておりその子供もいません)先妻の死亡後、私たちの叔母は、 後妻として入りました。現在は既に死亡し子供もいません。一方、私たちの関係は、私たちの父を含めて、遠方に一人生存している叔母がいます。私たちの父も既に死亡しております。(ただし、母は生存しております)。
このような中で、私たち兄弟4人に(生存している母は関係ないとのこと)、名義書換に同意するよう書類の依頼がありました。
この場合、私たち兄弟まで同意書を提出する必要性があるのでしょうか。
複雑且つわかりにくい家系で、且つ表現ですみません、わかる範囲結構ですので教えてください。お願いいたします。
                             栃木県 HT
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に亡くなられたのは叔父様と言うことですから

ご相談者様達のお父様の弟様ということですよね。

そうなると、代襲相続でもない限り相続人にご相談者様達がなることはありません。

叔父様に実子がいらっしゃるとなれば、法定相続では、すべて実子の方が

相続します。

 多分、不動産の相続を原因とする所有権移転登記をされるのでしょうが

本来なら、ご相談者様達には関係がないことだとも言えます。

 ただ、その不動産が、どのような相続を経て来ていたかが問題です。

推測するに、ご相談者様達のお父様の弟様ですから、もしかしたら、お父様のお父様

(ご相談者様達から見たら祖父様)から、その不動産を相続して、ご兄弟様全員が持ち分をもっていたり

弟様のみが相続しても名義を弟様(叔父様)に変更していないままなのかもしれません。

その不動産の所有者をご確認する必要があります。

 前述の2つのケースであれば、今回のことは考えられます。

そうなると、祖父様の時点での遺産分割協議が終わっていなかったこともあり得ます。

いずれにしても、争わないようにした方が良いでしょうね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

誠に、有難うございます。

私の表現の低さから、ひとつだけ内容認識に誤りましたのでご連絡致します。

それは、私の父の妹(既に死亡)が、後妻として、土地の名義人である方(義理の叔父)と結婚していたわけです。そして、この土地の名義人である方(義理の叔父)の先妻(既に死亡)の子(実の子)の名義へと登記するときに、私たち兄弟まで、遺産分割協議書が必要となるのでしょうか。

 

以上です。よろしくお願い足します。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

大変失礼いたしました。義理の叔父様と言うことですね。

義理と言うところを見落としておりました。

後妻にあたるのが実の叔母様(ご相談者様のお父様の妹様)ですね。

そうなると、今度は、何らかの理由で、義理の叔父様の不動産の持ち分などが

実の叔母様にもあった可能性があります。

その持ち分は実際には、実の叔母様が亡くなられた時の相続で名義変更がされていずに

今回、義理の叔父様と共有財産だったので、それを一まとめにしようと

言うのかもしれません。

 実の叔母様の相続人は、お子様とご父母様がいらっしゃらなければ

配偶者である義理の叔父様と

ご兄弟様すなわち、ご相談者様のお父様となり、既にお亡くなりということですから

代襲相続で、ご相談者様達ご兄弟様に相続権があった訳です。

その辺りが、いい加減になっていたのでしょう。

そう言う意味では、先妻のお子様が、困っているのでしょうが

相続権を主張することもできると思います。

ただ、ご兄弟様には遺留分がございませんので、追及していくともめますね。

ハンコ代一人3万円程度の話になるかもしれません。

もめるようであれば、家庭裁判所で遺産分割協議の調停が可能です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問