JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kasoliciterに今すぐ質問する

kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

初めまして。 相続の件でご相談いたします。 主人72歳妻(私)48歳子未成年が2人おります。 主人には離婚経験

質問者の質問

初めまして。
相続の件でご相談いたします。
主人72歳妻(私)4 8歳子未成年が2人おります。
主人には離婚経験があり別居している2人の子供がほかにおります。先妻の子供たちとは全く連絡はとっておりませんし住所がどこかも知りません。
主人には財産として主人名義の不動産があります。自宅と自宅隣の貸家ですが同じ敷地に2棟並んで立っています。自宅の建物は会社名義(私が代表の会社)になっていますが土地と隣の貸家の建物は主人名義です。

遺言書を作っても今のままですと遺留分だけで先妻の子供にかなりの額を払わなければなりません。
できれば土地を分筆して売買により自宅の土地だけでも会社名義にしたいのですがそれでも前妻の子から遺留分を侵害するものとして紛争を生じる可能性があるのでしょうか?

また主人は私が代表である会社からかなり借金をしているのですがそれは相続の際負債として認められ、
先妻の子にも請求できるのでしょうか?

もう一つ、先妻の子の現在の住まいを知らないのですが相続が発生した場合どのように連絡を取るのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
内容拝見しました。

>>主人には財産として主人名義の不動産があります。自宅と自宅隣の貸家ですが同じ敷地に2棟並んで立っています。自宅の建物は会社名義(私が代表の会社)になっていますが土地と隣の貸家の建物は主人名義です。できれば土地を分筆して売買により自宅の土地だけでも会社名義にしたいのですがそれでも前妻の子から遺留分を侵害するものとして紛争を生じる可能性があるのでしょうか?

この状態で、仮にご主人が亡くなった場合には、財産については、ご自身と、お子さん(ご自身の子と、先妻の子2人)での相続となります。建物については、経年劣化で恐らく価値はほとんどなくなってしまいますから、実質的には土地をどのよ うにしていくか、というところになります。
「ご自宅の土地を分筆して、売買という形で会社名義にしたい」とされていらっしゃいますが、夫婦間の名義変更(会社と言っても、代表者がご自身ということですので、外見的にはその様に判断される可能性はあります)となりますと、「みなし贈与」とみなされる可能性が高いと思われます。そうなりますと、相続税の課税対象になるようです。
もし、ご自身として遺留分を前妻の子から主張されるリスクがあるのでは?という事でしたら、通常贈与との選択ということで「相続時精算課税制度」というものがあるそうです。(詳細については、弁護士ないしは税理士にご相談下さい。)これですと、実質的には、「生前相続」に近い形となりますから、遺留分を主張されるリスクは減ります。

>>主人は私が代表である会社からかなり借金をしているのですがそれは相続の際負債として認められ、先妻の子にも請求できるのでしょうか?

金額はどのくらいになるのか不明ですが、通常で考えますと、相続人(ご自身は半分ですが、混同という形で消滅しますが、お子さん(ご自身との間の子と、先妻の子)に均等割りに負債は相続されます。
となれば、先妻の子に、相続した負債についても請求は可能です(まぁ相続財産に比べて、負債が超過していれば、放棄される可能性もあります。)。

こちらとしても、お分かりになる範囲で書かせて頂きましたが、実際の適用となりますと、このようにならないことも往々にしてありますので、先ずは事前に弁護士等にご相談をなされて、準備を進めていった方がいいでしょう。

kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験: 日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。返答の仕方がわかりませんでした。

先ほども質問したのですが相続税増税のことも考えできれば個人所有を法人名義にしたいのですが固定資産税評価額で売買し、不動産取得税などを払ったとしても贈与とみなされてしまうのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。返答の仕方がわかりませんでした。

先ほども質問したのですが相続税増税のことも考えできれば個人所有を法人名義にしたいのですが固定資産税評価額で売買し、不動産取得税などを払ったとしても贈与とみなされてしまうのでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
そうですね、その部分に関しては何とも言えませんが、一般的には個人から法人への名義変更であっても、贈与の可能性があるようです。具体的事例については、そのまま当てはまるとは限らないところもありますので、専門家(弁護士)に相談をなされた方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

そこのところが一番伺いたいので弁護士にといわれてしまうと質問した意味がないのですが・・・

それから住所がわからない相続人に連絡をするのはどうしたらいいのでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
>>相続税増税のことも考えできれば個人所有を法人名義にしたいのですが固定資産税評価額で売買し、不動産取得税などを払ったとしても贈与とみなされてしまうのでしょうか?

失礼いたしました。一般的には、金銭の授受が外見的にあると見受けられなければ、売買とはみなされない傾向のようです。先程説明しました相続時精算課税方式ですと、対象金額が2,500万円いないですと、非課税の対象となるようです。増税と言っても、この制度はまだ適用可能ですので、この制度を ご利用なされてみてはいかがでしょうか?

>>住所がわからない相続人に連絡をするのはどうしたらいいのでしょうか?

これは、故人の戸籍から、前妻の戸籍の異動先を割り出します。そうしますと、前妻が再婚しているかどうか、そして、その子らの異動先も出て来ます。もし2人の子が婚姻などをして、除籍になっている場合には、その異動先の把握のため、移動先の戸籍を取得して、現在の住居地を把握します。
連絡先については、104で聞いてみるのが最も安価で早いです。しかし、最近は104掲載をしない方も多々いらっしゃいますので、その場合には興信所などに相談の上、連絡先を割り出してもらうしかないでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

実は不動産の相続税評価が1億超えてしまうので心配しています。

土地も600平米超あります。

相続時の特例の適用も受けにくい状況です。

相続時精算課税方式は全部で2500万以内でしょうか?

そうすると残り1億はどうしたらいいでしょうか?

建物もまだ1500万くらい評価が残っています。

ということで土地を半分に分筆し、自宅(法人名義)の建物ある土地を法人名義に半分だけでも書き換えられないだろうかと思っているのですが・・・。

また相手先がわからない場合相続ができないということになりますか?

相続時に相続人全員の承諾がないといけないこととはどんなことになるのでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
いやはや、参りましたね。そこまで高額とは想定しておりませんでした。
不動産の相続 税評価が1億、とありましたが、これはご主人の名義分すべてなのでしょうか?自宅の土地分について、分筆した後の評価額がどの位になるか、というところですね。
まずは、半分でも書き換えは可能ではないかと思われますね(例えば、建物の評価額は1500万と言うことですので、相続時精算課税方式を用いて、非課税の範囲で書き換えするかでしょう。)。
あとは、土地について、持ち分の半分を贈与するという形で、名義書き換えをして、相続税の節税対策をしてみると言うのも一つでしょう。

>>相手先がわからない場合相続ができないということになりますか?相続時に相続人全員の承諾がないといけないこととはどんなことになるのでしょうか?

この場合、相手の連絡が取れず、相続手続きが進まないとなりますと、他の相続人の利益を損なうことにもなりかねませんので、現在存在する相続人で進めていく方法でしょう。

相続人全員の承諾を要する場合、となりますと、不動産の名義変更、銀行預金の名義変更、株式等の有価証券名義変更が主なものになります。今回のケースですと、不動産の名義変更がこれにあたりますね。

卑近な例ですが、相続の際に揉めるのは困るとして、被相続人が、相続人の家族全員で共同名義にしておく、という形を取っていることもありますので、ご参考に。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。はじめから詳しく書いておけばよかったですね。

かなりもめそうな予感がするので、今のうちにできることをしておいたほうがいいと思いました。

土地は全部主人名義です。半分にして約5000万です。取得価格より下がっているので主人には売買益はでません。

買ったほうも、居宅用ということで不動産取得税は評価額が1/2になるという話を役所でききました。

家族全員の共同名義というのは初めて聞きました。それですと名義変更がいらないということでしょうか?贈与税はかからないのでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
>>家族全員の共同名義というのは初めて聞きました。それですと名義変更がいらないということでしょうか?贈与税はかからないのでしょうか?

家族全員の共同名義への変更については、大分前にやったそうですが、その際は贈与税はかからなかったらしいです。ただ、名義変更は必要になりますので、ご了承ください。
土地価格が、取得額に比べて下がっている、ということですと、恐らく非課税対象になるでしょう。不動産取得税は、評価額が半分になって、課税方式の非課税額にあたる可能性はあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

名義変更は家族全員で一度すれば相続時にしなくていいということですか?

要するにほかの相続人の同意がなくてもいいということでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
名義変更については、家族の共有名義でしたら、相続時にしないで済むようになりますね。特に今回のケースですと、相続人である前妻の子との連絡が、現状取れない状況ですと、その為に名義変更手続きが出来ないとなると、実務上本末転倒になる恐れがあります。

前妻の子がいる、というのは、あまりあるケースでは無い為、一般的にということで、回答させて頂きました。以前私の親の親戚のケースでも、妾の子(認知はしていたようです。)との連絡がとれないということでしたので、名義変更に際し、その子への連絡をせず、相続の際に説明しまして、その後の 動向を聞きました。
揉める恐れがある、と心配していましたが、「長年連絡していないし、そんなこと知らないので、そちらで勝手にやって」と言われて、結局その方は相続放棄をなされました。ですので、相当期間に渡り連絡が取れていない、ということになりますと、それで相続分を主張してくる、というケースは、周囲の専門家等に伺いましたが、神経質になるほどではないけれど…ということでした。
もちろんリスク回避、ということは必要ですが、想定ばかりを考えてしまうと数限りなくなってしまいますから、とりあえずは現在いる関係者で進めていった方が宜しいのではないでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

私は知らないのですが主人は相手の性格上「絶対にもめる」といってます。

連絡をしなくてもあちらからくるはずだというのです。そういうことには鋭いと。

実は主人の親の相続の時も兄弟で紛争になり5年かかりへとへとになりましたのでそうなりたくないと思っています。その時もう少し早く手を打ってくれていればと思ったものでした。

いちばんいいのは何も相続するものがないのがいいと思い主人名義→会社名義を考えましたが、共有名義という方法は興味深いです。遺留分減殺請求された時にどんな展開になるのでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
そうですね、相続に関しては揉めてしまうと、非常に複雑化長期化する ことが多いものですし、親族間の争いですので、後々もかなり引きずる傾向があります(何件か経験しましたが、かなり神経を減らしましたし、体調を崩された方もいらっしゃいました。)。

>>遺留分減殺請求された時にどんな展開になるのでしょうか?

既に土地が分筆されてしまっていたり、名義が変わっている場合には、そこで名義を戻せと言っても、現実問題難しい話です。遺留分の放棄を家庭裁判所を通して行ってもらえると、遺留分減殺請求の問題は回避できるでしょう(ただ、生前に遺留分放棄をしてもらうには、家裁の許可が必要です。)。
とは言え、どうも相手の性格からすると「揉める可能性が高い」と言うことであれば、出来得るならば、前妻に、2人の子と連絡を取ってもらって、今回の経緯とご自身の要望について、説明して、了解をもらっておいた方がいいかもしれません。
事前に何もなしに、贈与を進めて揉めてしまうと、後々で相当嫌がらせをして来る可能性があります。ただ、今回ご主人がご自身の会社からの借金もあることもきちんと開示しておいた方がいいでしょう。
それで、資産と負債を控除して、残について相続した場合に、どちらが得になるのかといことで選択させるのも一つかもしれません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。回答を承諾するとしたいのですが、先ほど間違えて返答するとするところを承諾するにしてしまったので今回追加料金が発生してしまうようです。どうしたらいいでしょうか。

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
とりあえず、このままでいいでしょう。本来ですと追加料金となってしまう様ですが…。料金の件は、ジャストアンサーの方と話し合って頂けますでしょうか?
非常に勉強になりました、有難うございます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

共有名義については、後々問題が残ってしまうようで難しそうです。

相手方と話をすることもできそうにありません。なかなかいいアイデアはないものですね。

ジャストアンサーのヘルプにメールしてみました。返答待ちです。

いろいろと考えていただきありがとうございました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

追記

相続時課税方式は子供が20歳以上が要件ですので残念ながらあてはまりませんでした。

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
そうなりますと、自宅の土地建物をご自身とお子さん2人の共同名義に変更していく方法で、勧めていったほうがいいかもしれませんね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

調べましたら子供の共同名義にはメリットデメリットとあり、デメリットとしては孫の代になったとき、権利が細分化され、困るケースが出てくるらしいのです。

自宅は特に共同名義にすると住めなくなってしまうケースがあるようなのでもう少し調べてみます。

いろいろと細かく質問に答えていただきありがとうございました。頭の中が整理できたような気がします。

それから承諾の件ですが今回はジャストアンサーからこのまま終了するようにとのことでした。お世話になりました。

専門家:  kasoliciter 返答済み 4 年 前.
こちらこそ、いろいろな形があるのだということを学ばせて頂きまして、大変感謝しております。是非、お望みの方向へ進むことをお祈り申し上げます。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問