JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相 談 事 項 1 未相続で、代襲相続人20数名が共有する土地の固定資産税を、その持分に応じて個々に 納付する

解決済みの質問:

相 談 事 項

1 未相続で、代襲相続人20数名が共有する土地の固定資産税を、その持分に応じて個々に 納付することは、税法上適法か。
 適法とすれば、全納税義務者に対し、市町村役場からそれぞれの持分に応じた、納税通知書 (納付書)の送付が前提条件となると思われるが、如何か。

2 相続人の内、何名かが滞納する事も想定されるが、その場合、当該土地を優先して差し押 さえるのが妥当と思われるが如何か。

  それとも、市町村の裁量により、民法第432・442 条、及び地方税法第10条2の規定に基づ  き、 各個人が所有する土地や預貯金等の差し押さえや、自動車販売会社が所有者で、相続 人 が使用者の車輌が差し押さえられる事はあり得るか。                 一方、持分の既納税者であっても、全額が納付されていないとして、また、行政区域内や 近隣に居住する相続人が市町村の 事務の都合で、同法の適用を受ける可能性はありや。                                  
  これが対策として、相続の放棄をもと考えているが、他に方策があればお教示戴きたい。
                 
3 一相続人が、評価額約29,000千円、課税評準額9,000千円余で、税総額の20%近 くを占める土地に家屋や納屋等を所有し、占有している。  
  また、未相続地の一部の区画を他人に貸し(従来からの小作権がらみか)同一人から農地を借り、耕作をしているが、このような場合でも、相続人は等しく、これらの土地に係る固定資産税をも持分に応じて、負担しなければならないのか。これはあくまでも、相続人間の協議によるものなのか。




              以上、よろしくご教示をお願いたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 実務的なお話をさしあげますと、相続によって持ち分が決まったり

あるいは、相続割合が決まらず、共有財産の状態であったとしても

その年の1月1日の所有者が固定資産税を支払います。

その場合、持ち分に応じて支払う訳ではなく

市町村役場に対しては、代表者を決めて支払うことになります。

持ち分に応じて、代表者が他の方に求償される分には何ら問題はありません。

役所としては、いちいち、一つの不動産に持ち分の人数分請求するのが

面倒だと言うのもあるようです。

また、亡くなった方に請求はいかないので、代表者が決まっていない場合は

推定相続人にすべて同じ請求書が行くことになります。

その時点では、誰が払っても構わないものです。

またあくまで所有者が支払うものですから、賃貸をしている人が

代わりに払うことにもなりません。

20数名と言うのは、将来的な相続トラブルの元ですから

代価分割で、お金を支払って誰かが買い取ってまとめた方が良いでしょう。

家庭裁判所の民事調停を利用する手もございます。

民事調停は弁護士の先生にご依頼する必要もなく

調停委員が間にたって協議することになります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問